『アトムの童』第3話 ファン心理を突いた山﨑賢人の台詞に反響「ヲタクに沁みる」「本望だな」の声

10月30日に放送されたドラマ『アトムの童』(TBS系)第3話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『アトムの童』公式サイト)。

山﨑賢人さん主演の日曜劇場『アトムの童』(TBS系)が毎週Twitterトレンド入りし話題に。10月30日に放送された第3話のストーリーをおさらいしつつ、ネットの反応とともに今後の見どころを紹介します。

 

アトムの童
画像出典:TBS『アトムの童』公式サイト

 

第3話のおさらい

那由他(山﨑賢人)と隼人(松下洸平)が「アトム玩具」でゲーム作りを始めて1年。前社長・繁雄(風間杜夫)たちが生み出したキャラクターが画面内で動き出し、ゲームの完成は目前。経営再建に向け順調かと思われた矢先、やよい銀行の小山田(皆川猿時)から突然、融資金5000万円の即時返金を迫られます。
 

返済期限は1カ月。従業員が必死の資金集めに奔走するも難航。那由他と隼人に「何とかするからゲーム作りに集中して」と話す社長の海(岸井ゆきの)。その表情は亡き親友・公哉(栁俊太郎)を彷彿とさせるもので、2人はゲームを作るだけではなく売ることにも力を注ごうと一念発起します。
 

パブリッシャーの晶(玄理)の助言を受け、営業に乗り出す那由他たち。しかし全敗し暗雲が立ち込める中、晶が投資家とゲームクリエイターをつなぐ大規模プレゼン大会の参加を提案。那由他たちはラストチャンスに賭けます。
 

大会で順調にプレゼンを進める那由他、隼人、海。那由他が質疑応答に立つと、客席にいたサガス社長・興津(オダギリジョー)から質問が飛びます。クリエイターへの投資を目的とした大会で、「アトム玩具」の経営資金を得ようとしている点を突いた質問に、那由他は自らがファンである「アトム玩具」で「ジョン・ドゥ」のゲームを作りたいからだと返答。大勢の拍手を浴びて終了したものの、投資家は現れず。
 

しかし後日、那由他が身を寄せていたネットゲームカフェ店長・森田(岡部大)から、大会の配信を観た常連客のインド人投資家が興味を持っているという情報が入り、返済期限ギリギリの商談に願いを託すことに。そんなある日、那由他たちが作ったゲームのデータが突然すべて消えてしまって――。

 

アトムの童
画像出典:TBS『アトムの童』公式サイト

 

ファン心理を突いた那由他の台詞に共感殺到

営業の大変さを実感し、公哉の偉大さを噛み締めた那由他。公哉の気持ちに思いを馳せ、自らの「アトム玩具」への熱意とリンクすると気づき、「ファンっていうのは最強なんです。良いところも悪いところも作り手以上に分かってる」と興津へ返答。
 

Twitterでは「何があっても裏切らないというか…キーワードのような台詞」「ヲタクに沁みる」「分かる~分かるよ~」「ファンは推しを良く理解した上で愛している。推しに最強だと思ってもらえていたら本望だな」など、多くの共感が集まっています。
 

「アトム玩具」の持つ特許を手に入れたい興津は、やよい銀行支店長・小山田の懐柔や投資家への牽制など次々に魔の手を伸ばしています。「アトム玩具」の財務顧問・鵜飼(林泰文)に小山田の息がかかっている疑惑がある中、ゲームデータを消した犯人は誰なのか気になるところ。
 

あと10日でゲームを復元できなければ、インド人投資家へのプレゼンに間に合わないという危機を、那由他たちはどう乗り越えるのでしょうか? 気になる第4話は11月6日放送です。
 

『アトムの童』第4話 11月6日放送予告



【おすすめ記事】
『アトムの童』第2話 山﨑賢人×松下洸平のタッグ再結成!『ストⅡ』を使った和解シーンにネット感涙
『アトムの童』第1話 敵役“代役”オダジョーのハマりっぷりに「大正解」「新鮮な日曜劇場」の声
「秋ドラマ期待度」ランキング! 3位『アトムの童』、2位『silent』、1位は?
「山崎賢人に共演してほしい芸能人」3選! 広瀬すず、土屋太鳳、あの人気俳優も
松下洸平、山崎賢人とのツーショットで28歳誕生日を祝福! 「何!仲良しじゃん」「二人ともかっこいい」

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化