手取り13万円以下の40代女性「出費が増えるから友達を増やさないようにしている」

All About編集部のアンケートで、現在の生活について伺いました。手取り9~13万円。パートタイムの事務職として働く40代既婚女性(福井県在住)が語る暮らしのリアルをご紹介します。

手取り13万円以下、40代女性が語る暮らしのリアル(画像はイメージ)

手取り9~13万円。既婚子どもなしでパートタイムの事務職として働く40代女性(福井県在住)が語る暮らしのリアルをご紹介します。

 

「子どもを授かることも、養うことができるのか不安」

All About編集部のアンケートで、現在の生活について以下のように語ってくれました。


「給料が低すぎます。そもそも福井県の最低賃金が低いので仕方ないのですが。現在の会社は福井では大手の商社の子会社のそのまた子会社です。従業員数も少なく小さな小さな会社です。そのため、事務職といっても経理から営業補助、専用システムの初期データ導入作業から日々の伝票入力、力仕事、お客様の受付から相談契約まで仕事内容はさまざまです。その割には合っていない給料だと思うのです。小さな会社なので福利厚生もさほど充実していません」と、手取り額に納得がいかないとのこと。


世帯年収も伺うと「夫200万円、自分150万円」と回答。「給料が少ないため、子どもを授かることも、養うことができるのか不安でできませんでした。住居も義父母同居です。夫婦2人の生活ですし、贅沢もしませんので出費はかなり抑えられていると思います。将来の不安は、現在義父母と同居の持ち家を引き継いだ後のことです。今は家のことに関しては全く関わっておらず、独身時代かのように毎月定額を義母に支払っている状態ですので、税金関連や水道光熱費などの管理と大きな古い家をどうすればよいのだろうかと悩むことになりそうです」と、将来の不安を語ってくれました。


「生活は無駄な贅沢せずつつましく食べて寝ることができているので十分に満足しています。すきま風と虫が入り放題の古い家、暗く狭い台所をリフォームしたいだけです。仕事に関してはこのままおこづかい程度の給料でなにも考えずに働くか、転職するか、本業にできるような副業を見つけてがんばるか、毎日のように考えています。給料は少ないですが、今の仕事今まで頑張ってきたのでできれば続けたいです。そのため、それとは別に副業を見つけたいです」と、現在の暮らしに満足しつつも、副業を見つけたいとのこと。


節約術も伺ったところ「友達を増やさないようにしています。人付き合いが増えると出費も必ず増えます。独身の頃は掛け持ちしていた習い事なども一切しません。田舎なのでおしゃれにも気合いを入れません。数年に一度、高価なカバンや財布を購入します。外食は夫婦で3000円以内で済ませます。そのほかは、家でゆっくり好きなものを観て好きなものを食べていればいいと思います」と答えてくれました。


【おすすめ記事】
手取り13万で人生に希望なし?「休みの日は真っ暗にして永遠寝る」20代独身女性が語る暮らしのリアル
夫婦ともに年収350万円以下、生活のリアルを語る「禁欲生活、エアコンは夜の3時間のみ、これ以上何ができますか?」
手取り15万円、40代既婚男性が語る暮らしのリアル「服はメルカリで買う」
年収800万、貯蓄2000万でも不安? 「自宅では麦茶か水道水しか飲まない」30代独身男性が語る暮らしのリアル
「手取り20万円」できついと思うこと、2位「貯金ができない」、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化