手取り15万円、40代既婚男性が語る暮らしのリアル「服はメルカリで買う」

All About編集部のアンケートで、現在の生活について伺いました。手取り15万円。既婚子どもなしで鍼灸指圧師・柔道整復師として働く40代男性(和歌山県在住)が語る暮らしのリアルをご紹介します。

手取り15万円でも満足? 40代既婚男性が語る暮らしのリアル(画像はイメージ)

手取り15万円。既婚子どもなしで鍼灸指圧師・柔道整復師として働く40代男性(和歌山県在住)が語る暮らしのリアルをご紹介します。

 

「収入よりも、ゆったりとした暮らしぶりを優先」

All About編集部のアンケートで、現在の生活について以下のように語ってくれました。


「自分のペースで仕事ができる。患者さんとの人間関係もいい。ずっとしたかった人生をかけた仕事なので、とても満足している。収入は少ないが生活に困っておらず、身の丈にあった生活が心地よい。前はたくさん仕事をして、収入も多かったが、体を壊し精神的にも追い詰められ、家族関係もよくなかった。だが今は、収入よりもゆったりとした暮らしぶりを優先し、家族との関係はとても良い。余裕が出てきたので、人生をじっくり楽しめる。収入よりも健康重視です」と、現状に満足しているとのこと。


世帯年収を伺うと「自分200万、妻86万」、株式投資も「500~1000万円未満」と回答。それでも「仕事の量が少ないので体と心が楽だが、自営のため、突然収入がなくなってしまう可能性がある。大きな出費が時にあり、家の修繕(築18年)や車(11年乗っている)、家財道具などのいずれかを買い替える必要が出てきている(ほとんどの家電が、15年以上使っている)ので、貯金を崩さねばならないときが来るのが心配だ。30年でいくら取り崩すかをきっちり計算してはいるが、先のことは分からず、老後は日本がどうなっているかもわからない。日本の未来を考えると、介護や医療が不安だ。お金がかかりそうだ」と、将来には不安を抱えている様子。


お金や生活に関する今後の希望については「生活は、このままのゆったりしたものがいい。お金はもう少し余裕が欲しいが、身の丈に合った出費が安心感がある。妻が病気がちなので、それに対するお金の使い方を考えていきたい。働けるだけ働きたいので、健康面に注意を一番払いたい。老後は、老人ホームの個室で過ごしたい。そのためのお金は用意している(人生の前半でだいぶ貯金した)」と、不安はあるものの、今の生活を続けていきたいとのことでした。


節約術も伺ったところ「服はメルカリで買う。どんどん物を捨てる。捨てることで、本当に必要なものがわかってくる。そうしていると、物欲が減ってきて、出費がなくなる。節約はお金を稼ぐことと同じだと考えている。4000円の節約をすることは、4000円稼ぐのと同義だ。月々の出費はきっちり予算を立て、また年間で必ずいる予算を別に用意している(浄化槽の汲み取り、車検の積み立てなど)そうすることで、どれだけのお金が動いているかを知り安心ができ、結果、出費も減る」と答えてくれました。


【おすすめ記事】
夫婦ともに年収350万円以下、生活のリアルを語る「禁欲生活、エアコンは夜の3時間のみ、これ以上何ができますか?」
年収800万、貯蓄2000万でも不安? 「自宅では麦茶か水道水しか飲まない」30代独身男性が語る暮らしのリアル
「手取り20万円」できついと思うこと、2位「貯金ができない」、1位は?
手取り13万で人生に希望なし?「休みの日は真っ暗にして永遠寝る。それが一番の節約術」20代独身女性が語る暮らしのリアル
既婚子どもありで手取り9万円、40代男性が語る暮らしのリアル
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応