『スラムダンク』の藤真健司を演じてほしい俳優ランキング! 3位「岩田剛典」、2位「横浜流星」、1位は?

All About編集部独自アンケート調査による、266人が選んだ『スラムダンク』翔陽高校の選手兼監督、「藤真健司」を演じてほしい俳優ランキングを発表! 横浜流星さんを抑えて1位を獲得した人は?

All About編集部では、10〜60代の男女266人を対象に、『スラムダンク』に関する独自調査を実施しました(調査期間:8月18日〜9月12日)。アンケート調査結果から、今回は『スラムダンク』翔陽高校の選手兼監督、「藤真健司」を演じてほしい俳優ランキングを発表します!
 
(画像出典:Amazon

神奈川県の強豪チーム、翔陽高校で1年生の時からスタメンの座を勝ち取り、エース選手兼監督を担う藤真健司。藤間がコートに入るだけで仲間の士気が上がり、その場の空気も試合展開もがらりと変えてしまうカリスマ性と特別感に圧倒されます。
 

第3位:岩田剛典


第3位は、“がんちゃん”の愛称で親しまれている、岩田剛典さん。「三代目 J SOUL BROTHERS」のメンバーとして活動するほか、俳優としても大活躍中。映画『死刑にいたる病』をはじめ、数々の話題作に出演しています。

回答者からは、「アイドル的存在感が必要なキャラなので、彼に合っていると思う(37歳女性)」「品があって可愛く統率力がありそうだから(38歳女性)」「カリスマ性、容姿共に完璧です(36歳男性)」など、藤真の選手兼監督としてチームを率いる統率力やカリスマ性を感じられるからという声がありました。

さらに、「美少年だし、雰囲気がどことなく似ている気がします(32歳女性)」「とにかくかっこいいひとに演じてほしい、イメージがあっていると思う(46歳女性)」「イケメンにしか似合わない(22歳男性)」などのコメントも寄せられました。
 

第2位:横浜流星


第2位は、俳優の横浜流星さん。All About編集部で調査した「流川楓を演じてほしい芸能人ランキング」でも1位を獲得しています。

回答者からは、「爽やかなイメージがピッタリだなと思った(29歳女性)」「爽やかなイケメンだから(31歳女性)」「爽やかで賢そうな雰囲気がぴったりだと思う(21歳女性)」など、藤真の爽やかなイメージがぴったりという声が集まりました。

さらに、「多分全女子が納得してくれる(41歳女性)」「美少年だから(39歳女性)」「涼しげになんでもこなせそう(39歳男性)」「冷静な演技ができそう(32歳女性)」など、常に冷静沈着でクールな藤真を演じてくれそうというコメントも寄せられました。
 

第1位:吉沢亮


第1位は、俳優の吉沢亮さんでした。映画『キングダム』シリーズで演じた漂/エイ政役も記憶に新しく、その他の実写化作品にも数多く出演しています。

回答者からは、「ルックス的に一番近い人(40歳女性)」「イメージそのもの(35歳女性)」「顔が良いキャラの実写版=吉沢亮で良いと思う(40歳女性)」「顔が綺麗で、カリスマのオーラがある(38歳女性)」など、容姿端麗で女性ファンも多い藤真を演じるなら吉沢さんという声が多く集まりました。

また、「きれいな顔立ち、冷静な対応がそっくりだと思いました(31歳男性)」「プレイヤーだけでなく監督としての二面性を持つ演技力が発揮できる役者さんの為(33歳男性)」「冷静にゲーム展開を読めそうだから(28歳男性)」「孤高の演技をやると合いそうだと思いました(44歳男性)」など、藤真の他の選手とはかけ離れたオーラを吉沢さんなら演じてくれそうというコメントも寄せられました。


>8位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
『スラムダンク』の牧紳一を演じてほしい俳優ランキング! 3位「坂口憲二」、2位「鈴木伸之」、1位は?
『スラムダンク』の魚住純を演じてほしい俳優ランキング! 2位「篠原信一 」を抑えた1位は?
『スラムダンク』の「桜木花道」を演じてほしい芸能人! 2位「桐谷健太」、1位は?
『スラムダンク』の「流川楓」を演じてほしい芸能人! 2位の「吉沢亮」を抑えた1位は?
『スラムダンク』の「三井寿」を演じてほしい芸能人ランキング! 3位「中川大志」2位「竹内涼真」、1位は?
『スラムダンク』の「赤木剛憲」を演じてほしい芸能人! 2位の「関口メンディー」を抑えた圧倒的1位は?
『スラムダンク』の「宮城リョータ」を演じてほしい芸能人! 「市原隼人」を抑えた1位は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」