小泉今日子の好きな楽曲ランキング! 2位『あなたに会えてよかった』、1位は?【デビュー40周年】

All About編集部は、2022年でデビュー40周年を迎える小泉今日子さんに関するアンケートを実施。調査結果から、今回は「好きな小泉今日子の楽曲」について聞いた結果をランキング形式で紹介します!(サムネイル画像:プレスリリースより)

画像:プレスリリースより

1982年にアイドルとしてデビューした小泉今日子さんは、2022年でデビュー40周年を迎えます。デビュー以来、歌手、俳優として活躍を続けてきた小泉さん。リリースしてきた楽曲の中には、今なお歌い継がれている曲が数多くあります。

All About編集部では9月1~11日の間、小泉今日子さんに関するアンケートを全国520人を対象に実施。調査結果から、今回は「好きな小泉今日子の楽曲」について聞いた結果をランキング形式で紹介します! 

>15位までのランキング結果
 

第3位:『木枯らしに抱かれて』132票

第3位にランクインしたのは『木枯らしに抱かれて』でした。

『木枯らしに抱かれて』は、1986年に発売された小泉さんの20枚目のシングルです。この曲は、ロックバンド・THE ALFEEのメンバーである高見沢俊彦さんが作詞・作曲を担当しました。

小泉さんが主演を務めた映画『ボクの女に手を出すな』の主題歌として用いられ、1987年のNHK紅白歌合戦でも歌唱しました。

回答者からは、「切ないんだけど力強さも感じてキョンキョンにぴったりな曲だと思います(40代女性)」「アルフィーの高見沢さんの曲で、バグパイプが入っていたりと特徴的な曲調で好き(50代女性)」「誰もが経験するせつなさがひしひしと感じ いつ聞いても若い頃を思い出す(50代女性)」「切ない片思いの歌詞に自分の思い出が重なるから(50代男性)」「彼女の曲の中では珍しく、しっとりと大人なイメージの曲だから好き(30代女性)」など、切ない曲調が好きという声が寄せられました。
 

第2位:『あなたに会えてよかった』153票

第2位にランクインしたのは、『あなたに会えてよかった』でした。

『あなたに会えてよかった』は、1991年に発売された小泉さんの32枚目のシングルです。この曲は、小泉さん自身が作詞を手掛けました。

自身が出演したテレビドラマ『パパとなっちゃん』(TBS系)の主題歌となり、ミリオンセラーを記録して自身最大のヒット曲となりました。

回答者からは、「歌詞が素晴らしい。このように想われたら最高(60代男性)」「ストレートな感情の歌詞が小泉さんのやさしい歌声にマッチしていて聞いていて心地いい曲です(30代女性)」など、小泉さん作詞の歌詞が良いという声や、「ドラマも好きで切なさや家族の大切さを歌うとてもいい曲なので(50代女性)」「ドラマが好きで、この曲も好きになりました(30代女性)」「ドラマの情景が部分的ではあるものの思い出す場面があり、とても思い出深いから(40代女性)」など、ドラマの主題歌として印象的だという声が上がりました。
 

第1位:『なんてったってアイドル』250票

栄えある第1位に輝いたのは、『なんてったってアイドル』でした。

『なんてったってアイドル』は、1985年に発売された小泉さんの17枚目のシングルです。この曲は、秋元康さんが作詞を手掛けました。

回答者からは、「歌詞が奇抜な内容で、小泉今日子さんにしか歌えないピッタリな曲だったからです(50代女性)」「小泉今日子、キョンキョンといえばこの曲でしょう、というくらい代名詞的な曲に思えるから(40代男性)」「今日子さんの可愛さがよく出てる曲だから(60代男性)」「アイドルのイメージ通りで可愛いから好きです(20代女性)」「元気で明るく可愛らしいキョンキョンのイメージにピッタリで、これぞキョンキョンと言った楽曲だからです(50代女性)」など、小泉さんらしさがあふれる曲調と歌詞が人気のようです。


※回答コメントは原文ママです。


>次ページ:15位までのランキング結果


【おすすめ記事】

カラオケで歌いたい「小泉今日子の楽曲」ランキング! 2位『学園天国』、1位は?【デビュー40周年】
「カラオケで歌いたい中森明菜の楽曲」ランキング! 3位『少女A』、2位『飾りじゃないのよ涙は』、1位は?
好きだった「80年代の女性アイドル」ランキング! 3位 小泉今日子、2位 松田聖子、1位は?
かわいさに衝撃を受けた「80年代アイドル」 3位 中森明菜、2位 小泉今日子、1位は?
「おニャン子クラブ」好きだったメンバーランキング! 3位 渡辺満里奈、2位 工藤静香、1位は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」