『家庭教師のトラコ』第8話 橋本愛×中村蒼の感情爆発シーンに反響「つらいなぁ」「演技合戦すごい」

9月7日に放送されたドラマ『家庭教師のトラコ』(日本テレビ系)第8話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『家庭教師のトラコ』公式サイト)。

橋本愛さん扮する謎の家庭教師が家族の絆を揺さぶるドラマ『家庭教師のトラコ』(日本テレビ系)。9月7日に放送された第8話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

家庭教師のトラコ
画像出典:日本テレビ『家庭教師のトラコ』公式サイト

 

第8話のおさらい

突然、家庭教師を辞めると一方的に告げたトラコ(橋本愛)。納得いかない母親たち3人はトラコの元に押し掛け、子どもたちを裏切らないでほしい、何でもするから戻ってほしいと懇願。トラコはそんな母親たちに戻るための条件を出します。
 

真希(美村里江)には夫の小遣いを倍にすること。智代(板谷由夏)には角煮定食を1000円に値上げすること。里美(鈴木保奈美)には別居中の夫と離婚すること。それぞれクリアすると、トラコはさらに3人合わせて10億を要求し、母親たちにそれぞれミッションを与えます。
 

福多(中村蒼)は「トラコの願いを叶えることが俺の夢」といって協力してきましたが、母親たちや子どもたちを裏切ってしまうことが気がかりで、トラコを止めようとします。そしてついに、トラコが養子にもらわれる可能性を邪魔した過去を告白。トラコは福多への悲しみと怒りを爆発させ、福多の元から去ってしまいます。
 

トラコは母親たちを使って調べたネタを元に、里美の元夫で銀行頭取の上原利明(矢島健一)を脅迫し、彼が貯め込んだ裏金10億円を入手することに成功。その金はそっくり寄付しました。
 

トラコの元には家庭教師に戻ってほしいと知恵(加藤柚凪)、高志(阿久津慶人)、守(細田佳央太)がやって来ますが、目的を果たした以上もう用はないとばかりに耳を貸さないトラコ。「もう二度と先生と呼ぶな」と拒絶された子どもたちは、各々トラコとの別れを受け入れるのでした。トラコは、何者かに背中を押され歩道橋から転げ落ちて――。

 

家庭教師のトラコ
画像出典:日本テレビ『家庭教師のトラコ』公式サイト

 

安心して泣ける場所がないトラコの孤独

「正しくお金が使われる世界を作る」というトラコの壮大な目的のために利用された家庭教師先の母親と子どもたち。トラコを思う福多の必死の言葉も、トラコを慕う子どもたちの叫びも、彼女の心に届くことはなく――。
 

Twitterでは「つらいなぁ。福多は罪の意識を抱えて苦しくてもう黙っていられないと思って打ち明けたんだろうけど、聞かされる側は受け入れるのは難しいよね」「次週からは3人の母親たちがトラコの凍った気持ちを溶かすのかな」「トラコが真実を知って感情を爆発させたあのシーン、食い入るように見てしまった。2人の演技合戦すごかった」「知恵も高志も守るも安心して泣ける場所があるのに、トラコにはないんだよなぁ…」「自分が辛い想いをしてきたからこそ、子供たちには辛い想いをさせないトラコになってほしいと思った。それが、トラコにとっての幸せになってほしい」などさまざまな声が寄せられています。
 

福多と決別したトラコは家庭教師を再開するも、以前のようなやる気が全く出ず。そんな中、福多から「おまえのお母さんが見つかったらしい」とメールが届きます。福多が見合いをしたと聞きわずかに動揺を見せるトラコ。彼女の凍り付いた心は雪解けを見せるのでしょうか? 気になる第9話は9月14日放送です。

 

『家庭教師のトラコ』第9話 9月14日放送予告



【バックナンバー】
『家庭教師のトラコ』第7話 トラコの過去と野望が明らかになるも「急に説教臭くなった」賛否分かれる
『家庭教師のトラコ』第6話 “格付けチェック”で本質暴露! 母子の絆に反響「スカっとした」「何より価値ある言葉」
『家庭教師のトラコ』第5話 能天気キャラな母親のジタバタ劇にツッコミ殺到「イライラする」「遺書朗読は泣いた」
『家庭教師のトラコ』第4話 橋本愛4つ目の「嫌いな言葉」にツッコミ殺到! 「過去が気になる」
『家庭教師のトラコ』第3話 鈴木保奈美、息子思いの母親を熱演し話題に「感動した」「朝ドラの100倍良い」の声
『家庭教師のトラコ』第2話 橋本愛の名セリフが現代日本への皮肉たっぷり⁉ 「パワフルで素敵」「響きまくり」の声
『家庭教師のトラコ』第1話 無表情ヒロインが『家政婦のミタ』『女王の教室』に似てる? まさかの指導方法にネット騒然

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」