『家庭教師のトラコ』第4話 橋本愛4つ目の「嫌いな言葉」にツッコミ殺到! 「過去が気になる」

8月11日に放送されたドラマ『家庭教師のトラコ』(日本テレビ系)第4話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『家庭教師のトラコ』公式サイト)。

橋本愛さんが謎の家庭教師に扮するドラマ『家庭教師のトラコ』(日本テレビ系)。8月11日放送の第4話からは、家庭教師先の母親にターゲットを据えたトラコ。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

家庭教師のトラコ
画像出典:日本テレビ『家庭教師のトラコ』公式サイト

 

第4話のおさらい

トラコ(橋本愛)が家庭教師をする知恵(加藤柚凪)の母・真希(美村里江)が勤めていた新聞社を辞め、中村家に家計の心配が浮上。そんな中、義母が振り込め詐欺に引っ掛かり、月末に必要な100万円を夫・朔太郎(細田善彦)から「助けてやってくれないか」と頼まれた真希は「あたしなら絶対ひっかからない」と突っぱねました。そんな真希に、トラコは「1万円拾うのと1万円あげるのと、どっちが幸せだと思いますか?」と問います。
 

持ち前の正義感と熱血漢が敬遠されがちで、次の就職先がなかなか決まらず次第に焦りを募らせる真希。トラコは少しでも真希の力になれればと申し出て、知恵の保育園のお迎えや中村家の家事をサポート。若奥様風のコスプレファッションに真希のエプロンをつけて完璧に家事をこなします。焦りと苛立ちが頂点に達した真希は、朔太郎と知恵にその苛立ちを怒声でぶつけてしまいました。
 

トラコは秘書の福多(中村蒼)に頼んで朔太郎のフリをさせ、真希に振り込め詐欺を仕掛けます。まんまと引っ掛かった真希ですが、「いつもどおり冷静ですからご心配なく!」と憤慨。するとトラコは「私には嫌いな言葉が4つある。4つ目は“心配ない”だ」と切り出し、頼れる家族がいるのだから、「中途半端に強がるな!助けてくださいと言え!」と声を荒らげます。
 

トラコがICレコーダーで隠し撮りした知恵と朔太郎の会話を聞いた真希は、2人への愛と自分の考えが間違っていたことを痛感し、知恵たちに謝り「助けてください」と頼りました。真希はトラコからの問いに「1万円あげるほうが幸せ」と結論を出します。さらに、「どんなに生活が苦しくても、心まで貧しくなっちゃいけないな」と語るのでした。

 

家庭教師のトラコ
画像出典:日本テレビ『家庭教師のトラコ』公式サイト

 

深まるトラコの謎……過去に一体何が?

自分は心配されるような存在じゃない、自分は正しい、自分は大丈夫と思い込んでた母親・真希が、本当は家族がいないと生きていけない、そんな家族がいることが幸せなんだと気づく過程が描かれた第4話。
 

Twitterでは「何より大切なもの、何より大切な人を、いつもトラコ先生は思い出させてくれるんだね」「トラコの言葉めちゃくちゃ感動する。全ての人に聴いてほしい」など感動の声が上がっています。予想外の4つ目の「嫌いな言葉」には「三つじゃなかった!」「増えた」「まさかの四つ目www」などのツッコミも。
 

また、トラコは過去に色々あり、この世界の不公平や恵まれている人に対しての怒りが溜まっていると語った福多には、「そんなトラコが本当は誰よりも優しくて誰よりも大きな愛を持っている…と信じてる福多とトラコの過去が気になる」との声も。家庭教師をして貯蓄した8000万円を、福多に黙って“いつもの”何らかに使用したトラコには、「8000万はいずこ…どうなるのか気になる」と、トラコの過去と彼女の正体に注目する声が寄せられています。
 

次回のテーマは「子供に4630万円残す方法」。万福亭の智代に胃がんが発覚し、息子・高志(阿久津慶人)の将来のために、智代はトラコに相談。トラコは福多が心配する“過激さを増した方法”で家庭の問題に切り込んでいきます。一方、中村家や上原家での会話から、トラコの過去も次第に明らかになっていきそうな気配。気になる第5話は8月17日放送です。
 

『家庭教師のトラコ』第5話 8月17日放送予告



【おすすめ記事】
『家庭教師のトラコ』第3話 鈴木保奈美、息子思いの母親を熱演し話題に「感動した」「朝ドラの100倍良い」の声
『家庭教師のトラコ』第2話 橋本愛の名セリフが現代日本への皮肉たっぷり⁉ 「パワフルで素敵」「響きまくり」の声
『家庭教師のトラコ』第1話 無表情ヒロインが『家政婦のミタ』『女王の教室』に似てる? まさかの指導方法にネット騒然
「松田優作感!」橋本愛、イケメンすぎるスーツ姿に「スゴくカッコいい!! 」「はぁーーー最高です、、、」
鈴木保奈美、55歳と思えぬかわいらしいデコ出し自撮りに「お茶目でかわいい」「品格があって素敵」

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在