『家庭教師のトラコ』第6話 “格付けチェック”で本質暴露! 母子の絆に反響「スカっとした」「何より価値ある言葉」

8月24日に放送されたドラマ『家庭教師のトラコ』(日本テレビ系)第6話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『家庭教師のトラコ』公式サイト)。

橋本愛さん扮する謎の家庭教師が家族の絆を揺さぶるドラマ『家庭教師のトラコ』(日本テレビ系)。8月24日に放送された第6話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

家庭教師のトラコ
画像出典:日本テレビ『家庭教師のトラコ』公式サイト

 

第6話のおさらい

トラコ(橋本愛)と里美(鈴木保奈美)は、高級店でバッグをひったくろうとした男の子を児童養護施設に届けます。施設は長年抱えた負債が膨らみ閉鎖寸前の状態だとトラコ。助けるために3000万円必要だと知った里美は夫・利明(矢島健一)に相談することに。
 

利明は銀行の新頭取への就任が決まり、上原家はお祝いムード。里美の相談は回収の見込みがない金はムダ金だと相手にされない一方、椿(長見玲亜)や憲一(塩顕治)が所有する高額のバイオリンや絵画は受け入れ、自身もパーティーで高級ワインをふるまうという利明。それぞれ3000万円の値が付くものです。
 

「人は愛で動くのか、お金で動くのか」と問うトラコは、施設を救うために、ストラディバリウスや絵画、ワインを贋作とすり替えて本物を売ればいいのではと提案。秘書の福多(中村蒼)に贋作を用意させてすり替え、利明たちを試しますが、彼らは偽物であることに全く気付きません。しかし里美は「夫を裏切りたくない」と本物を売ってお金を作ることはしませんでした。
 

そんな中、利明が副頭取に就任させた女性は彼の愛人で、里美と結婚したのも出世のためだった知った里美。それでもなお「主人を愛してますから」と受け入れない里美に、トラコは「嫌いな言葉がどんどん増えてるけど、何より嫌いなのは愛ってやつだ」と吐き捨てます。愛を語って正当化しているだけで、結局愛しているのは夫ではなく夫の金ではないのか?
 

自分が信じていた愛が偽物だったと目を覚ました里美は、就任パーティーで大暴れ。「愛だけは信じてきたから自分の気持ちを押し殺して頑張ってきたけど、本物の価値もわからないダメなお金の使い方をしている人と一緒にいるのは無理」と、上原家から出ていきます。息子・守(細田佳央太)はそんな母を「かっこよかった。生まれてきたことが誇らしい」といい、絆を深めた母子はアパートでの2人暮らしを決めるのでした。

 

家庭教師のトラコ
画像出典:日本テレビ『家庭教師のトラコ』公式サイト

 

格付けチェックで本質暴露! 本物の愛とは……

エリート一家の“格付けチェック”で上原家の本質が暴き出され、母子の本物の愛が描かれた第6話。不出来な息子扱いを受けていた守が実は一番「本物を見極める力」を持っており、本物の愛を里美へ向け続けていました。
 

Twitterでは「里美ママ回よかったな。ストレートに『この人の息子でよかった』と伝えられる守くんも『何があっても守る』と名付けたママも本当に素敵。この親子の守り合う関係性すごくいい」「“この人から生まれたことすげぇ誇らしいと思った”“この人の息子ですげぇ幸せだと思った”自分の息子から言われたこの言葉、どんな高価なモノよりももの凄い価値のある一生の宝物」「本物を見抜くって難しい。だから騙される人がいるんだもんな。守が一番価値をわかってたw」「守くんが健気で良い子すぎて泣いた」「里美ママがスカっとした」など感動の声が上がっています。
 

母親も子どもも全て手懐け、次のステップに進もうとしているトラコ。第7話では突然、家庭教師を辞めると言い出します。次第に明らかになるトラコの過去と本当の目的。彼女の過去には、いま家庭教師をしている家庭との関わりもあるようで――? ますます目が離せない展開に。気になる第7話は8月31日放送です。

 

『家庭教師のトラコ』第7話 8月31日放送予告



【バックナンバー】
『家庭教師のトラコ』第5話 能天気キャラな母親のジタバタ劇にツッコミ殺到「イライラする」「遺書朗読は泣いた」
『家庭教師のトラコ』第4話 橋本愛4つ目の「嫌いな言葉」にツッコミ殺到! 「過去が気になる」
『家庭教師のトラコ』第3話 鈴木保奈美、息子思いの母親を熱演し話題に「感動した」「朝ドラの100倍良い」の声
『家庭教師のトラコ』第2話 橋本愛の名セリフが現代日本への皮肉たっぷり⁉ 「パワフルで素敵」「響きまくり」の声
『家庭教師のトラコ』第1話 無表情ヒロインが『家政婦のミタ』『女王の教室』に似てる? まさかの指導方法にネット騒然
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も