意外と知らないグルメのひみつ 第8回

SNSで大人気「桃モッツァレラ」ってどう作るの? チーズはモッツァレラじゃないとだめ? 実際に試してみた

【調理師免許を持つグルメライターが実践】SNSで大人気のサラダ「桃モッツァレラ」! 気になっているけれどまだ作ったことがないという人のために、考案した料理家さんのレシピをもとに再現! チーズを変えてみた結果や、アレンジレシピも紹介しています。

夏になるとSNSでよく見かける「桃モッツァレラ」。スーパーで材料が気軽にそろうこと、華やかな見た目でおいしいことから、桃の新しい食べ方として数年前から人気を博しています。

「作ったことはないけれど、実は気になっている……」という人に向けて、生みの親である料理家さんのレシピに基づき、調理師免許を持つグルメライターの筆者が詳しい作り方を紹介します。さらなるアレンジ方法や、モッツァレラチーズではないチーズとの相性も確かめてみました!
 

2007年、料理研究家・内田真美さんが著書で紹介

『洋風料理 私のルール』(アノニマ・スタジオ)※以下、画像は筆者撮影


考案者は料理研究家の内田真美さんだとされています。きっかけは、2007年に出版されたレシピ本『洋風料理 私のルール』で紹介された「桃とモッツァレラのサラダ」。その後、料理家・文筆家として活躍するツレヅレハナコさんが2008年にブログでそのおいしさを熱く紹介し、そこからじわじわと人気が広がり、2014年頃にSNSで話題をさらいました。

それから8年、試しに現在Instagramで「#桃モッツァレラ」と検索すると、1.9万件もヒット! 一過性のブームではなく、夏ならではの旬の料理として毎年楽しんでいる人が多いように思えます。
 

内田さんのレシピで「桃モッツァレラ」を作ってみよう


ここからは内田さんのレシピをもとに再現していきましょう。用意するのは、桃とモッツァレラチーズ、レモン、オリーブオイル、白ワインビネガー、塩、こしょう。どれもスーパーで入手できる材料ばかりです。
 

まずはモッツァレラチーズを手でひと口大にちぎっておきます。
 

桃は食べる直前にカット。皮をむき、ひと口大の乱切りにします。
 

レモンは皮の部分を使います。「ゼスター」と呼ばれるおろし金を使うか、包丁で千切りに。筆者はキッチンバサミで切りました。
 

お皿に桃とモッツァレラチーズを盛り付け、オリーブオイルと白ワインビネガーを回しかけます。その後レモンの皮を全体に散らし、塩とこしょうを振って完成。
 

ジューシーな桃に、あっさりとしたモッツァレラチーズ。レモンの爽やかさが桃の甘みをうまく引き立てていて、さっぱりと夏らしいおいしさ! 今回は柔らかくて甘い桃だったのでデザートのような味わいになりましたが、硬い桃でもサラダ感覚でスッキリと食べられる気がしました。
 

お酢やレモン果汁を使うのはアリ? チーズを変えたらどうなる?


この後、白ワインビネガーをお酢に、レモンの皮をレモン果汁に変えてもう一度作ってみました。でも、やっぱり最初に作った方がおいしい……! お酢だと酸味が少し強すぎる印象があり、レモン果汁では桃の果汁となじんでしまうため、存在感があまり感じられませんでした。内田さんのレシピでの「桃モッツァレラ」を知ってしまうと、代替えができなくなってしまいますね。
 

さらに、チーズをフレッシュタイプのモッツァレラから、青カビタイプのゴルゴンゾーラチーズに変えてみました。すると塩気や苦味のあるゴルゴンゾーラの存在感が強くなり、桃が主役ではなくなってしまいました。口当たりがやわらかく、ムチッとした食感のモッツァレラだからこそ、桃が映えるのかもしれません。

またゴルゴンゾーラチーズの食感もホロッとしているため、違ったアクセントが欲しくなり、後からクルミを加えて食べました。「桃モッツァレラ」は子どもから大人まで食べられる優しい味、「桃ゴルゴン」はちょっと大人の味、といった印象です。
 

そうめん、ピザ……「桃モッツァレラ」をアレンジしてみよう


そのままでも抜群においしい桃モッツァレラ。ちょっと違った食べ方をするならば……と、2種類のアレンジをしてみました。一品目は「桃モッツァレラそうめん」。冷製パスタによく使われる細いパスタ「カッペリーニ」の代わりに、日本の夏の定番「そうめん」を使っています。
 
作り方も簡単。規定通りにゆでてキリッと冷やし、水気をしっかり切ったそうめんに、内田さんレシピの桃モッツァレラを和えるだけ。少し塩気が欲しいので、塩を少し強めに振ります。食欲が落ちてしまいがちな暑い日でも、軽やかな甘さでするするっとと食べられます。
 

二品目は「桃モッツァレラピザ」。市販のピザ生地に先ほどの桃モッツァレラをのせ、オーブントースターで焼き目が付くまで焼くだけです。モッツァレラチーズは加熱することでよく伸びてトロトロに! アツアツの桃は甘みがグッと増します。温めることで桃の果汁が生地に染みだすのでクリスピーな食感ではありませんが、ジューシーなデザートピザとして楽しめます。
 
桃の旬は9月頃まで。おいしそうな桃が手に入ったら、ぜひ作ってみてくださいね。


【おすすめ記事】
YouTubeで大バズリ! チュートリアル徳井の「サッポロ一番アレンジ食い」をグルメライターが試してみた
お米はなぜ「洗う」ではなく「研ぐ」と言うの? 研がずに炊いたらどうなる?【グルメライターが徹底解説】
大人気の「知育菓子」はどれが一番おいしい? 食べ比べて勝手に1位を決めてみた!
かまいたち濱家の自信作! サッポロ一番のアレンジ「まろやか豆乳みそラーメン」をグルメライターが再現
牛肉は「最高級のA5ランクが一番おいしい」は本当? 意外と知らない「牛肉のランク付けの基準」
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは