ここがヘンだよ、ニッポン企業 第2回

「大阪王将」ナメクジ炎上で「餃子の王将」に飛び火……でも“お互いさま”とも言えるワケ

「大阪王将」元従業員のSNS投稿による“ナメクジ炎上”が「餃子の王将」に飛び火までしている。実は「王将違い」で迷惑を被るのは今回が初ではなく、両社には深いかかわりがあった。それは……。

過去にも“とばっちり”を受けた「餃子の王将」、そのとき同社は……

2017年には、「大阪王将」のテレビCMが一部から批判にさらされる騒動があった。イートアンドが販売している冷凍食品「羽根つき餃子」のCMで、タレントの鈴木奈々さんが「わたしうそつき、これは羽根つき、これは餅つき、これは羽根つき、これは腰つき」と歌いながら、腰を振るというものだ。
 

この“演出”に対してネットやSNSで「下品」「子どもがいるのでテレビで流さないでほしい」などの批判が寄せられていたのだが、ほどなくして「餃子の王将」が「とばっちり被害」を訴える。大阪王将だと勘違いをした人から苦情が寄せられているとして、自社ホームページ上に、『大阪王将「羽根つき餃子」CMについて』という以下のような文書を掲載したのだ。
 

『当社「餃子の王将」は、「大阪王将」とは 資本関係も業務提携関係にもない、全く無関係の類似会社です。したがって、「大阪王将」のCMに関して、当社「餃子の王将」は、全くの無関係です。加えて、当社「餃子の王将」は、「羽根つき餃子」を含め、「冷凍餃子」の販売は一切行っておりません』

 

王将フードサービスが公開した文書(出典:同社Webサイト


「一緒にされていい迷惑だ」と言わんばかりで、行間からもかなりいら立ちが伝わってくる。
 

これは恐らく、最後にもあるような「うちは冷凍食品を売っていない」という憤りもあったはずだ。「大阪王将」の冷凍食品はスーパーなどで好調で、現在は女優の石原さとみさんをCMに起用している。一方、「餃子の王将」は店舗でつくりたての「生餃子」のテイクアウトだけしかやっておらず、冷凍食品など扱っていない。
 

「餃子の王将」としては、「王将」の名を冠した冷凍食品が全国のスーパーやコンビニを席巻していることが面白くないところ、その冷凍食品でとばっちりを受けるのはかなり屈辱だったはずだ。
 

なぜかというと、自分たちこそが「王将」の本家という自負があるからだ。
 

>次ページ:「餃子の王将」と「大阪王将」の関係

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】