綾瀬はるかさん、大泉洋さんのタッグが話題のドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系)。5月30日放送の第8話では、ついに大泉さん演じる篠田の正体が明かされました。ストーリーをおさらいしつつ、SNSのコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

元彼の遺言状
画像出典:フジテレビ『元彼の遺言状』公式サイト

 

第8話のおさらい

篠田(大泉洋)は、6年前に起きた十ヶ浜町男性強盗殺人事件に巻き込まれ、殺人犯として警察から追われていることを麗子(綾瀬はるか)に告白しました。以来、身分を偽って各地を転々としていたところ、3年前に辿り着いた軽井沢で栄治(生田斗真)に出会い、匿ってもらったのだと言います。麗子は栄治と同様に、「僕はやっていない」と無実を訴える篠田を信じることにしました。
 

翌日、麗子は篠田に弁当を作るように指示すると、遊びに来た紗英(関水渚)とともに西園寺製鉄社長・西園寺一蔵(金田明夫)の屋敷へ向かいます。朝早く、一蔵から仕事の依頼の電話がかかってきていたのです。麗子たちが屋敷に到着すると、家の前には野次馬が集まっており、警視庁捜査一課の刑事・橘(勝村政信)の姿もありました。長男の渉(駿河太郎)が風呂場で倒れている一蔵を発見し通報したのでした。しかし、遺体の顔を確認すると一蔵とは別人であることが判明します。
 

駆け付けた次男の恭介(石垣佑磨)も渉も、まだ死んだと確定していない父が遺した遺言にしか興味がない様子。麗子たちは不可解な事件の謎を紐解き、一蔵の居場所に辿り着きます。一蔵は事件の真相を明かし、改めて麗子に財産管理を依頼するのでした。
 

大口の商談がまとまった祝いにと、麗子は篠田を高級料理店へ誘います。美味しい料理に舌鼓を打つ2人。しかし最後のデザートというタイミングで橘らが現れ、篠田は逮捕されてしまいます。篠田の本名は「田中守」。逮捕されたという報道を見た富治(生田斗真)は麗子の事務所に立ち寄り、麗子のことだから何か考えがあるのだろうと指摘。
 

麗子は元上司・津々井(浅野和之)に頭を下げて後見人になるよう頼み、篠田は保釈されます。津々井は事件が終わったら事務所をたたみ、自分の事務所へ戻ってくるように条件を言い渡していました。「いつも事件が起きるたび嬉しそうに謎を解いているのに、どうして自分のことからは逃げるの」と篠田に詰め寄る麗子。篠田のえん罪を晴らすため、2人は動き出すのでした。

 

元彼の遺言状
画像出典:フジテレビ『元彼の遺言状』公式サイト

 

元彼・栄治の遺言「しのだをたのんだ」の真意が判明

ついに明かされた篠田の正体。お金にならない仕事はしない主義の麗子ですが、「しのだをたのんだ」という栄治が遺した暗号を胸に、篠田を救うべく大嫌いなうえ金にもならない刑事弁護に乗り出しました。
 

Twitterでは「遺産しか関心がない息子たちに西園寺社長は遺言状を書き換えた。一方、元彼の遺言状“し の だ を た の ん だ”は真意がようやく明らかになった。自分を信頼して厄介な遺言状を託した元彼の依頼に答える剣持麗子。“遺言状”の重さを感じるエピソードだった」「麗子ちゃんはカッコいい。サバサバさばけているけれど、弁護士としての正義感と人への愛がちゃんとある。『しのだをたのんだ』ってもっと何か含まれてる?」「なんかいい感じのストーリーになってきた。見るのやめちゃった人が多いみたいだけど面白くなりそうな雰囲気」などの声が上がっています。
 

篠田の無実を証明するため、麗子と篠田は事件現場となったリストランテ「プロメッサ」を訪れます。ミステリー作家を夢みながら料理人として働いていた篠田は、事件の第一発見者で状況証拠や証言から犯人と疑われていました。6年前の事件を洗い出す中、さらなる事件が発生し――。気になる第9話は6月6日放送です。
 

『元彼の遺言状』第9話 6月6日放送予告



【バックナンバー】
『元彼の遺言状』第7話 「僕は殺人犯」篠田の爆弾発言に視聴者騒然! ハッピーエンドを望む声も
『元彼の遺言状』第6話 「篠田、何者?」別人と判明した大泉洋、いまだ見えぬ正体に視聴者困惑
『元彼の遺言状』第5話 「チョロいw」「ツンデレが見所」綾瀬&大泉に転がされる紗英(関水渚)が話題
『元彼の遺言状』第4話 「篠田、何者?」「息ぴったり!」綾瀬×大泉コンビの喧嘩シーンに反響
『元彼の遺言状』第3話 綾瀬はるか×大泉洋の名コンビが本格始動! 謎解き方法にキャラの違いが出て面白い
『元彼の遺言状』第2話 「展開早いと思ってたら…」綾瀬はるか×大泉洋、最強コンビ誕生に期待の声
『元彼の遺言状』第1話 綾瀬はるかの剛腕&食べっぷりと「シェフ大泉」にファン歓喜