『元彼の遺言状』第4話 「篠田、何者?」「息ぴったり!」綾瀬×大泉コンビの喧嘩シーンに反響

5月2日に放送された月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系)第4話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。

綾瀬はるかさん×大泉洋さんのタッグで話題の月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系)。5月2日に放送された第4話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

元彼の遺言状
画像出典:フジテレビ『元彼の遺言状』公式サイト

 

第4話のおさらい

剣持麗子(綾瀬はるか)は、引退間近な弁護士がいそうな老舗企業に営業をかけ、顧問弁護士契約を狙おうとしていました。一方、篠田(大泉洋)は敬愛する女性ミステリー作家・秦野廉(宮田早苗)が、大ヒット作『胡桃沢啓二シリーズ』の最新作を13年ぶりに発表するという記者会見のオンライン配信に釘づけです。
 

会見がスタートすると、秦野はいきなり「私は人を殺しました」と告白。読者に対して謎解きの挑戦状を出す彼女による新作のプロモーションだと受け止める篠田。しかし秦野が明かした住所には本当に男性の死体があり、さらに妻を名乗る女性が警察に出頭しました。
 

秦野が殺人犯なら出版差し止めだろうと麗子。何とかならないかと言う篠田を「お金にならない仕事はしない主義」とはねつけた麗子ですが、出版社名を見て態度を一変。無事出版にこぎつけ、顧問契約への足掛かりにしようと画策します。早速出版社へ出向くと、またもや元上司・津々井(浅野和之)の姿が。しかし麗子は口八丁手八丁で案件を勝ち取りました。
 

秦野を事務所へ連れ帰った麗子と篠田は、男性を殺害したのは秦野の家政婦・清宮加奈子(中島亜梨沙)で、犯行手口が新作『甘い殺人』と同じだったことを知ります。争点は殺人教唆に問われるか否か。しかし秦野が家政婦に原稿を読ませたのは、13年も筆を折っていて世間の反応が知りたかったから。殺人教唆にはあたらないと麗子は言います。
 

そんな中、津々井はTVのワイドショーに出演し、世間を殺人教唆の風潮に持っていこうとします。紗英(関水渚)が森川製薬のスポンサー力を使ってワイドショーの対処をし、順調に顧問契約への道を進む麗子。一方、加奈子は殺人を犯しておらず、娘の希(白鳥玉希)をかばっていることが判明。希は母を救うために自分が殺したと言います。しかし希が発したある一言から、麗子と篠田は犯人は加奈子でも希でもないという結論に至りました。
 

秦野の自宅を訪れた麗子と篠田は、13年ぶりの新作に再起をかけ思いついめた秦野が殺害したことを明らかにします。出版前の差し止めでアピールに成功した麗子は顧問契約締結の話を進めますが、編集者が秦野と作品をこき下ろしたことに憤慨した篠田は断ると宣言。契約が白紙になってしまい怒り心頭の麗子は、篠田と大喧嘩を繰り広げるのでした。

 

元彼の遺言状
画像出典:フジテレビ『元彼の遺言状』公式サイト

 

篠田さんはいったい何者なのか?

名コンビに早くも亀裂発生。麗子と英治(生田斗真)の大学の先輩だと思っていた篠田が、実は大学に行っていなかったことも判明し、いよいよ篠田の正体が謎めいてきました。
 

Twitterでは「大学行ってない、警察を避けている…ホント篠田は何者なの!?」「そういえば給料を貰っていないし数少ない財産の本も次の人に渡ればと手放す篠田くんが、英治の遺産目当てで『僕を殺人犯にしてほしい』というのも不可解。謎が多い!」「コメディ要素が多めになり、キャラの性格や関係性が固定してきて安定感が出てきた。これで推理やサスペンス部分が楽しみやすくなった。そして大泉さんの謎。面白くなってきた!」など、篠田の正体が気になるという声が続出しています。
 

5月9日放送の第5話では、麗子と口もきかず冷戦状態にある篠田を、紗英が借りるといって連れ出します。一方、麗子は津々井に誘われてとあるパーティーへ行くと、会場で篠田&紗英と遭遇します。そこで起きる事件とは一体? 篠田と麗子は仲直りできるのでしょうか。名コンビの復活に期待です。
 

『元彼の遺言状』第5話 5月9日放送予告



【おすすめ記事】
期待度が高い「春ドラマ」ランキング! 3位『家政夫のミタゾノ5』、2位『元彼の遺言状』、1位は?
『元彼の遺言状』第1話 綾瀬はるかの剛腕&食べっぷりと「シェフ大泉」にファン歓喜
『元彼の遺言状』第2話 「展開早いと思ってたら…」綾瀬はるか×大泉洋、最強コンビ誕生に期待の声
『元彼の遺言状』第3話 綾瀬はるか×大泉洋の名コンビが本格始動! 謎解き方法にキャラの違いが出て面白い
綾瀬はるか、凛とした立ち姿に称賛の声が続出! 「可愛い 綺麗 格好いいが大渋滞」「ドラマ楽しみ」


 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】