綾瀬はるかさん主演、大泉洋さんの正体に注目が集まっているドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系)。5月23日に放送された第7話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

元彼の遺言状
画像出典:フジテレビ『元彼の遺言状』公式サイト

 

第7話のおさらい

すでにこの世にはいない篠田敬太郎の名を騙る篠田(大泉洋)は一体何者なのか。麗子(綾瀬はるか)の問いかけに「言いたくない」と返す篠田。麗子はそれを受け入れます。そんな中、痴漢えん罪を晴らしてほしいと元上司・津々井(浅野和之)から麗子に依頼が入りました。
 

弁護の見返りとして大手食品会社・ヒグマ食品の案件を引き継ぐことになった麗子は大はしゃぎ。すると今度はホストの黒丑(望月歩)から電話が入り、太客・山谷典子(高田聖子)が抱える遺産トラブルの解決依頼が来ました。典子は亡くなった父が後妻に毒を盛られたと主張しています。死因の特定は警察の仕事だと言い、麗子はヒグマ食品へ向かいます。
 

ヒグマ食品は1兆円を超える大規模なM&Aを控えていました。しかし、総務部長の武藤(谷川昭一朗)と商品開発部の木村(川島潤哉)は、頼みたい案件は別だと言い、麗子に1枚の紙を見せます。それは「5月23日、社員食堂の毒入りシチューで死人が出る」という脅迫状でした。麗子と篠田は、一般開放もして人気を博している社員食堂の責任者・小野香澄(西山繭子)を紹介されます。
 

津々井の弁護、ヒグマ食品の脅迫状問題、典子の遺産トラブルの解決を同時に進めていく麗子。探偵気取りの紗英(関水渚)や黒丑もサポートに乗り出し、麗子と篠田、津々井ら5人がフル稼働で真相を究明していきます。麗子らは津々井に痴漢の濡れ衣を着せた被害女性の正体や動機に辿りつき、見事解決。ヒグマ食品の件は過酷な労働実態が原因で食堂社員全員が犯人だったことが判明。さらに、典子の案件も無事解決に向かうのでした。
 

解決のお礼にと津々井から寿司を御馳走される麗子と篠田。会話の中で、麗子は篠田のことを「雑用係ではなく助手」と明言し、感涙した篠田はトイレに立ちます。津々井は森川製薬の弁護士として篠田のことを調べており、誰も素性を知らない彼に気をつけたほうがいいと麗子に告げます。麗子は「言いたくなる時が来たら」と待つ姿勢を見せます。後日、篠田はぬか床に隠し持っていた身分証を麗子に明かしました。複数の身分証にはそれぞれ別の名が――。そして篠田は、自分は殺人犯だと告げるのでした。

 

元彼の遺言状
画像出典:フジテレビ『元彼の遺言状』公式サイト

 

「僕は殺人犯」篠田の爆弾発言に視聴者騒然

麗子を筆頭にキャラの濃い面々が協力して解決へ向かう姿が楽しめた第7話。ついに篠田の口からは素性につながる言葉が明かされました。
 

Twitterでは「紗英さん、信玄、津々井先生も加わったやりとりは賑やかで楽しかったな〜。面白かったし笑えたし良い感じだったね!」「今週はキャラ同士の掛け合いが楽しかった」と主要キャラクターの結束を楽しんだという声の他、「殺人犯というワードが出て、偽篠田ちょっとダークな感じになってるけど、最後は、ハッピーエンドな終わり方だと信じています…」「〖何か〗はずっと篠田さんは抱えてて、英治さんは見抜いた上で友のように傍で見守りつつ、受け入れてくれそうな麗子さんに託して行ったのかな。いずれは、篠田さんがその荷を下ろせる時がくるように」など、篠田を気遣う声が上がっています。
 

5月30日放送の第8話では、篠田の口から彼の過去が語られます。6年前に起きたある殺人事件の犯人として警察に追われているものの、無実を主張する篠田。そんな中、仕事の依頼をしてきた人物が死体で発見され――。依頼人にまつわる諸問題を粛々と解決してきた麗子は、篠田が抱える問題も解決へ導けるのでしょうか。ますます目が離せません。
 

『元彼の遺言状』第8話 5月30日放送予告



【バックナンバー】
『元彼の遺言状』第6話 「篠田、何者?」別人と判明した大泉洋、いまだ見えぬ正体に視聴者困惑
『元彼の遺言状』第5話 「チョロいw」「ツンデレが見所」綾瀬&大泉に転がされる紗英(関水渚)が話題
『元彼の遺言状』第4話 「篠田、何者?」「息ぴったり!」綾瀬×大泉コンビの喧嘩シーンに反響
『元彼の遺言状』第3話 綾瀬はるか×大泉洋の名コンビが本格始動! 謎解き方法にキャラの違いが出て面白い
『元彼の遺言状』第2話 「展開早いと思ってたら…」綾瀬はるか×大泉洋、最強コンビ誕生に期待の声
『元彼の遺言状』第1話 綾瀬はるかの剛腕&食べっぷりと「シェフ大泉」にファン歓喜