『元彼の遺言状』第5話 「チョロいw」「ツンデレが見所」綾瀬&大泉に転がされる紗英(関水渚)が話題

5月9日に放送されたドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系)第5話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。

綾瀬はるかさん、大泉洋さんの名コンビぶりが話題のドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系)。5月9日に放送された第5話は、2人の大喧嘩から仲直りするまでの様子が、とある殺人事件を通して描かれました。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

元彼の遺言状
画像出典:フジテレビ『元彼の遺言状』公式サイト

 

第5話のおさらい

麗子(綾瀬はるか)と大手出版社の顧問契約の話を篠田(大泉洋)が勝手に断ってしまったことに端を発して、2人は口もきかない冷戦状態を続けていました。そこにやってきた紗英(関水渚)は間に挟まれてイライラしながらも、篠田を借りると言って一緒に出かけていきます。
 

ストライキ中の篠田のせいで食事にありつけない麗子。そこへ元上司・津々井(浅野和之)が訪ねてきて、近年、業績を伸ばしている投資会社M&Sキャピタルの創立25周年パーティーに麗子を連れていきたいといいます。経済に強い麗子を「山田河村・津々井法律事務所」に復帰させ、上場を機に新たな弁護士を探しているM&Sとの契約を獲得しようという魂胆です。
 

パーティー会場となるM&Sが経営しているレストランに到着すると、そこには篠田と紗英の姿が。M&S社は森川家の投資顧問なのだといいます。麗子と篠田は目を合わせないながらも、互いに文句や悪口を言い合います。そんな中、M&S代表取締役の真梨邑(藤本隆宏)が挨拶を開始。一緒に会社を立ち上げた共同代表の庄司(高橋洋)へ感謝の言葉を述べると、会場の後ろのほうで突然大きな音が響きます。明かりをつけると、そこには投資家の久野という男が倒れて絶命していました。
 

会場に入ってから目を配らせていた麗子と篠田は、いつものように推理を始めます。警察での事情聴取は翌日行われることになりました。麗子と篠田、紗英はともに警察へ向かいますが、なぜか警察を避けている篠田は途中で姿をくらまします。紗英は警察から出てきた女性を見て、昨日のパーティーで見かけたと一言。ピンときた麗子は篠田に電話し、2人は女性を尾行。女性は熱帯魚店のオーナーで、少し前に夫を亡くしていました。
 

現場での名推理ぶりに感心した庄司から、麗子に顧問弁護を頼みたいとの依頼が。篠田を伴いM&S社を訪れる麗子。真梨邑の社長室には熱帯魚の水槽が置かれていました。一方、麗子と篠田にのせられた紗英は、熱帯魚店の女性に対して探偵の真似事のようなことを始めます。
 

麗子と篠田、紗英は得た情報から推理を展開。事件の裏では交換殺人が行われており、パーティーで亡くなった男性は熱帯魚店の女性に人間違いをして殺害されたことが判明。本来は庄司の殺害を真梨邑が計画していたのです。そこには創業以来タッグを組んできたものの、優秀な庄司に対し引け目を感じている真梨邑の複雑な思いがありました。
 

事件の真相を追う中で、自然と冷戦状態が解かれていった麗子と篠田。2人は再び元の日常を取り戻すのでした。

 

元彼の遺言状
画像出典:フジテレビ『元彼の遺言状』公式サイト

 

意外とお手柄なツンデレ紗英が話題

記憶力に長けた紗英の名探偵ぶりが開花した第5話。篠田の秘密にも少しずつ焦点が当たり始めています。Twitterでは「今回もお手柄だね!冴ちゃんがいると心強いわぁって言われて嬉しそうにするさえちゃんかわいい」「紗英がいいように使われてるのに褒められて まんざらでもない顔してるのカワイイ」「紗英ちゃんあまりにチョロくて可愛かった」「このドラマ、麗子さんの食べっぷりと紗英さんのツンデレが見所です」など、ツンデレ満開の紗英を演じる関水渚さんが話題を集めています。
 

元彼・英治(生田斗真)が遺した「しのだをたのんだ」という暗号を遺言ととらえ、篠田を居候させている麗子。警察を避け、英治の大学の先輩だと嘘をつき、ミステリー作家の卵であり、料理が抜群に上手。それ以外に情報がない篠田は、本当はいったい何者なのでしょうか? 
 

5月16日放送の第6話では、麗子と篠田はとある教会で起きた密室殺人事件の真相に挑みます。“武田信玄”の源氏名で働くホスト・黒丑(望月歩)も再登場。麗子は黒丑に篠田の身上調査も依頼しています。篠田の正体に踏み込むのか、期待です。
 

『元彼の遺言状』第6話 5月16日放送予告



【おすすめ記事】
初回がおもしろかった春ドラマランキング! 2位『正直不動産』を抑えた1位は?
春ドラマ出演「女性タレントパワー」ランキング! 3位「多部未華子」、2位「広瀬アリス」、1位は?
春ドラマ出演「男性タレントパワー」ランキング! 3位「ムロツヨシ」、2位「大泉洋」、1位は?
初回がいまいちだった春ドラマランキング! 『恋なんて、本気でやってどうするの?』を抑えた1位は?
『元彼の遺言状』第4話 「篠田、何者?」「息ぴったり!」綾瀬×大泉コンビの喧嘩シーンに反響

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    佐久間大介“怪演”の映画『マッチング』が描く恐怖とは。同日公開ミステリー・サスペンス映画3作の魅力

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」