500人に聞いた、虫が家に出たときの対処法! 使える市販品や心構えなど秘伝の仕留め技3選【人類の叡智】

6月4日は虫の日! 今回は、全国に住む10~60代の男女500人にアンケート調査を実施。家に虫が出たときにどうしているか、そして対処法もご紹介します。ぜひ参考にしてみください。

夏が近づいてきて、気になるのは家に出る虫が増えること……!


そこで今回、All About編集部では全国に住む10~60代の男女500人にアンケート調査を実施! 家に虫が出たときにどうしているか、そして500人から集めた対処法もご紹介します。

 

6割が家に出た虫は「駆除する」と回答

まずは「家に虫が出たらどうする?」という質問について、駆除すると答えた人は298人。60%の人が自ら駆除しているようです。
 

6割が「駆除する」と回答


では、どのような方法で駆除しているのか。対処法3選をご紹介します。

 

その1「殺虫スプレーを使う」

やはり多かったのは、市販の殺虫スプレーを使っての対処です。以下のようなコメントが寄せられました。


「出た時は潰さず、殺虫剤で殺してから処理します(30代・女性)」


「遭遇した時には凍らせる殺虫剤で速やかに駆除する(20代・女性)」


「家具の隙間や奥に逃げられたら、スプレーの殺虫剤で出てくるまでかけること(50代・男性)」


「万が一見つけた時は、つぶすのは気持ち悪いので、凍らせるスプレーで仕留めます(40代・女性)」


「空きの牛乳パック(1000ml)と火バサミ、氷殺系の殺虫剤は常にセットで部屋に置いておいた方がすぐに対処ができる(30代・女性)」


気持ち悪さ、後処理の大変さからスプレーを使う人が多く、特に凍らせるタイプのものが人気のようです。

 

その2「電気・ガムテープを使う」

続いては、電気ラケットやガムテープなど、市販のグッズや工夫で仕留めるもの。以下のようなコメントが寄せられました。

 

「虫を殺す電流が流れるラケットタイプを使う(20代・女性)」


「カメムシ:ガムテープで捕まえて、暖炉ですぐに焼却する(30代・女性)」


「家中に微量の電気が流れる機械を3ヶ所つけています(40代・女性)」

 

「感電して殺虫するラケットは、なかなか捕まえられない虫を殺虫できて便利です(40代・女性)」

 

「虫がでたら、匂いがつかないように、ガムテープなどで取り、ゴミ袋などに直接捨てる(30代・女性)」

 

捕まえられない虫、触りたくない虫は、電気や粘着で仕留める。これぞ人類の叡智……!

 

その3「駆除するまで追う」

意外と多かったのは、最後まで追いかけるのが大事だという声です。以下のようなコメントが寄せられました。


「必ず見つけて駆除するまで探す(30代・女性)」


「虫を見かけたら逃がさずに、速やかに潰して退治するようにしている(30代・女性)」


「虫がでたら追い出すまで戦い続けます。そうでもしないと夜安心して眠れません(40代・女性)」


「嫌な虫が出たときは、戦闘モードになり退治するまで寝ないという覚悟をもちます(40代・男性)」


「家に虫がいるとわかった時点で、いなくなった…と認識するまで格闘する(30代・女性)」


決して逃がさず、必ず仕留める。共生の道などない。自然ではなく、ここは家なのだから……!

 

外に逃がす・誰かに頼むという人も

やはり虫と向き合う「駆除する」はハードルが高いのか、残りの4割は「外に逃がす」や「誰かに頼む」などでした。選んだ人からは、以下のようなコメントが寄せられました。


「誰かいる時は駆除は頼むようにしています(30代・女性)」


「なるべく見ないようにし、家族が見つけるように仕向ける(笑)(40代・女性)」


「虫を見ても自分には関係ないと思って気にしないようにする(10代・男性)」


「目が悪いので、家の中ではメガネをかけない。そうすると小さな虫には気づかない(30代・女性)」


「寝ている間に飼い猫がやっつけている事があるので、猫に気づかせるようにします。100%ではありませんが、上手くいくこともあります(50代・女性)」


6月4日は虫の日ですが、夏に増える害虫の駆除を思い出す日ともいえそうです……! ぜひ参考にしてみてください。


※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
【虫が家に出ない秘訣3選】「高層階にはいない」「1匹いたら100匹いる」の噂もアース製薬さんに聞いてみた!
【虫画像なし】500人調査「家に出ても許せる虫」ランキング! まさかの2位「該当なし」に打ち勝った1位は?
【虫画像なし】500人に聞いた「家に出たら許せない虫」ランキング!「この世からいなくなってほしい」第1位は?
「ドライヤーの中にカメムシ」「気づかず食べた」500人から集めた虫に関する最悪エピソード【虫画像なし】
カインズの「虫対策アイテム」がおしゃれで可愛い! 効果があってコスパがいいのはこれ!

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応