カインズの「虫対策アイテム」がおしゃれで可愛い! 効果があってコスパがいいのはこれ!

気温が高くなってくる季節の悩みの1つ、それが虫です。筆者が比較的地方に住んでいるからかもしれませんが、クモや毛虫、ゲジゲジなどを見かけるようになりました。それに、布団やソファーなどのダニも気になってしまう……。そんな時に役立つアイテムが、カインズにありました。しかも、見た目もおしゃれで可愛いのです!

カインズの虫対策アイテム(筆者撮影)


気温が高くなるこの季節、悩みの1つが「虫」です。筆者が比較的地方に住んでいるからかもしれませんが、クモや毛虫、ゲジゲジなどを見かけるようになりました。それに、布団やソファーなどのダニも気になってしまう……。そんな時に役立つアイテムが、カインズにありました。しかも、見た目もおしゃれで可愛いのです!
 

虫のイラストが描かれていない!

凍らすジェット 冷凍殺虫(筆者撮影)


ホームセンターのカインズには、殺虫剤などの虫を撃退する商品がたくさん並んでいます。その中で目を引いたのが、「凍らすジェット 冷凍殺虫」(アース製薬)と「ダニがいなくなるスプレー」(KINCHO)でした。
 

どちらの容器もカインズのオリジナルデザインなのですが、特徴的なのは「虫を撃退するのに虫のイラストが描かれていない」こと。虫対策の商品には、虫のイラストが描かれていることが多く、リビングなどにそのまま置いておくことに抵抗を感じてしまうこともあります。そんなユーザの心理的な壁を取り除いたのが、カインズの限定デザインです。
 

雪の結晶をイメージ(筆者撮影)

「凍らすジェット 冷凍殺虫」は、雪をイメージさせるイラストが描かれています。
 
草花や鳥が描かれる(筆者撮影)


「ダニがいなくなるスプレー」は、鳥や花などが描かれています。デザイン性が高いので、ある意味インテリアのような意味合いを持つのかもしれません。リビングなど人が来るような場所に置いておいても、違和感を感じません。
 

「凍らすジェット 冷凍殺虫」をティッシュにかけてみた

表面が凍っている(筆者撮影)


「凍らすジェット 冷凍殺虫」は、虫に直接スプレーをすることで、その虫を瞬時に冷却できます。ものは試しとティッシュにかけてみたのですが、だんだんと表面が凍っていることがわかります。マイナス85度の冷撃効果はすごい。実際どのくらい冷たいのか直接触ることができなかったのですが、まるでドライアイスのように煙が出ていました。
 

「凍らすジェット 冷凍殺虫」は、冷却することによって虫を撃退するので、殺虫剤は使われていません。そのため特有の臭いやベタつきがなく、スピレーした跡も残りませんでした。また、小さい子どもがいたり食品の近くで使ったりしても問題ありません。
 

使い方を確認(筆者撮影)


実際に虫対して使う場合には、50cm以内の距離から3秒程度噴射します。そうすることによって虫が冷却されるので動きが止まりますが、その後も噴射を続けるとでとどめを刺せます。地面をはう虫専用で、ムカデ、ゲジゲジ、ヤスデ、ダンゴムシ、ワラジムシ、ケムシ、クロアリ、シロアリ、カメムシ、クモに対応しています(ちなみにゴキブリには、ゴキブリ専用の冷凍殺虫があります)。
 

値段が880円(税込)なので、一般的な殺虫剤よりは値段が高くなります。でも匂いやべたつきがないこともありますし、デザインを気にせずにリビングに置けるので、すぐに使えるという点は非常に魅力です。
 

「ダニがいなくなるスプレー」、布団で使ってみる

ダニがいなくなるスプレー(筆者撮影)


月に1度スプレーするだけでダニを退治できるので、簡単に始められるのはうれしいですよね。筆者は布団や枕など毎日使う寝具は特に気になっていたので、さっそく使ってみることに。
 

使い方としては1平方メートルあたり4〜5回、シュッと吹きかけます。ほのかなフローラルソープの香りで、スプレーした後でも部屋中にこの香りが漂っています。スプレーした後は、特に色が残ることもなく、自然に乾燥するのを待つだけです。

布団にかけてみた(筆者撮影)​​​


筆者は布団にスプレーしたので変色などはなかったのですが、素材によっては変色やシミができる可能性があります。心配であれば、目立たないところで試してみると良さそうです。
 

効能や成分など(筆者撮影)


効能は、屋内塵性ダニ類の増殖抑制及び駆除、イエダニ、マダニ及びノミの駆除です。皮膚アレルギーテスト済みですが、すべての人にアレルギーが起こらないとは限らないので、気になる方は慎重に判断していく必要がありそうです。300ミリリットル入り、798円(税込)です。
 

これから、ますます虫対策が必要になってくる季節になります。カインズのオリジナルデザインの虫対策アイテムは、見た目も良いだけではなく、高い効果が期待できそうです。早めの虫対策に取り入れてみてはどうでしょうか。


【おすすめ記事】
部屋干しでも臭わない。カインズの消臭タオル3つ
エアコンがない江戸時代、暑い夏をどのようにしのいでいた?
渡辺直美の実家が全焼していた…注意したいコンセントが原因の火災
シュールなコラボとビジュアルに騒然…! 『アンメルツ』と『ウルトラマン』のコラボが肩こりを救う!

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望