シュールなコラボとビジュアルに騒然……! 『アンメルツ』と『ウルトラマン』のコラボが肩こりを救う!

小林製薬は、肩こりや筋肉痛におなじみの『アンメルツ』55周年を記念して、同じく今年55周年を迎える『ウルトラマン』とコラボレーションした新商品を6月23日から数量限定で発売します。しかし、この新商品のビジュアルに、ネット上は騒然……!

小林製薬は、肩こりや筋肉痛におなじみの『アンメルツ』55周年を記念して、同じく今年55周年を迎える『ウルトラマン』とコラボレーションした新商品を6月23日から数量限定で発売します! しかし、この新商品のビジュアルが、ネット上を騒がせています。
 

『アンメルツ』×『ウルトラマン』の55周年コラボ!

『アンメルツ』55周年を記念した『ウルトラマン』コラボの限定商品!
1966年の発売以来、55年間支持されているロングセラーブランド『アンメルツ』シリーズは、肩のこり、はり、筋肉痛を緩和する外用鎮痛消炎剤。その中でも、背中まで届く人気のロングボトル「アンメルツゴールドEX」「アンメルツゴールドEX NEO」が、55周年記念映画『シン・ウルトラマン』の公開を控えている『ウルトラマン』とコラボレーションして登場します。

パッケージにはウルトラマン。1966年の「ウルトラマン」、1967年の「ウルトラセブン」、1973年の「ウルトラマンタロウ」、1996年の「ウルトラマンティガ」が付いた4種類のオリジナルキャップ。幅広い世代に愛される『ウルトラマン』とのコラボパッケージにネット上の反応も盛り上がっています。
 

「太陽の塔思わせる……」「Twitterがバグったかと」……ネット騒然

「ビジュアルシュール過ぎるだろ」「太陽の塔思わせる……」「ウルトラマンっぽい模様とかになるとかじゃなくて生首がそのままくっ付いてる感じなんやな(困惑)……買おう」「マスク造形クオリティ高くて笑う」「ちょっと欲しいとかそういうことじゃなく、じわる」まずはシュールなビジュアルにネット上は騒然。

「トレンドに『ウルトラマン アンメルツ』とあるからTwitterがバグったかと思いきや、想像以上の斜め上をいく真実にひっくり返った」「画像が流れてきて集団幻覚ってやつねとか思ってたら現実だった」「シュールすぎるコラボ!」「仕事選べよ~(ウルトラマンに)」アンメルツとウルトラマンのコラボ自体にも衝撃が走ったようです。

「バンテリン派ですが、買ってしまいそう」「効き目もウルトラありそう」「ウルトラの母もあったら治癒効果高そう」など、ウルトラマン効果でアンメルツに流れるユーザーも増えそう。「ウルトラマン世代も今やアンメルツ世代か……」しんみりとしたコメントも……。

在宅ワークなどニューノーマルな働き方が推奨されているなか、肩こりはより顕著な悩みに。『アンメルツ』と『ウルトラマン』の強力タッグで、心身ともに癒してもらえそうです!


「アンメルツゴールドEX」1600円(税抜)90ml
「アンメルツゴールドEX NEO」1900円(税抜)90ml
発売日:2021年6月23日(水)
発売場所:全国の薬局・薬店・ドラッグストアなど

【おすすめ記事】
郵便局で「となりのトトログッズ」が6月18日から発売! エコバッグやポーチなど
ジオン軍マークが輝く『機動戦士ガンダム』アパレル新シリーズ全7種の予約受付開始
シン・エヴァ「薄い本」効果で興収100億? 新映像『現在のエヴァンゲリオン』も公開
『ドラゴンクエストウォーク』の「リアルおみやげ」第2弾!「10万ゴールドまんじゅう」

【関連リンク】
小林製薬
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応