「親が子どもにおすすめしたい少年マンガ」ランキング! 2位『ヒカルの碁』、1位は?

ARINA運営の教育メディア「おうち教材の森」は、保護者200人(回答数177人)を対象に「親が子どもにおすすめしたい少年マンガ」についての調査。結果をランキング形式で公開しました。

ARINAが運営する幼児、小学生の保護者向けの教育メディア「おうち教材の森」は、中学生以下の子どもを持つ親200人(回答数177人)を対象に「親が子どもにおすすめしたい少年マンガ」について調査。気になるランキング結果を見ていきましょう!
 

親が子どもにおすすめしたい少年マンガは?(画像はイメージ)

 

第3位:『幽☆遊☆白書』(21人)

3位に選ばれたのは、『幽☆遊☆白書』。1990~1994年に『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載され、大人気を博した作品です。アニメ化、映画化、ゲーム化、ミュージカル化がされ、TVアニメ化25周年を迎えた2017年にはカフェとのコラボや各地でのイベント開催するなど今でも根強いファンを獲得しています。
 

「大人になってもう一度読みたいと思う」「ストーリーがわかりやすく、家族みんなで見ることができる」「子供の頃に好きだったため。現代の子供にも愛される漫画」といったコメントが寄せられた、親子で夢中になれる王道少年漫画です。
 

第2位:『ヒカルの碁』(37人)

2位は、『ヒカルの碁』。1999~2003年にかけて『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載された囲碁を題材にした作品です。
 

囲碁という少年マンガとしては珍しい世界を描きながらも、小学生、中学生に囲碁ブームを引き起こすきっかけとなりました。2021年にはTVアニメ放送開始20周年を迎え、2022年には中国版実写ドラマヒカルの碁『棋魂』が配信開始され、話題になっています。
 

コメントには「読んでいるだけで頭を使いそう。知らず知らずのうちに頭の体操になっている気がする」「諦めない気持ちが学べる」「残酷描写がないし勉強にもなりそう」と面白いからというだけでなく教育の視点や子どもの知的好奇心への刺激に期待する声が多く上がりました。 
 

第1位:『SLAM DUNK』(77人)

ダントツの票数で1位に選ばれたのは、『SLAM DUNK(スラムダンク)』。1990~1996年に『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載され、国内のシリーズ累計発行部数は1億2000万部以上といわれる大人気作品です。高校を舞台にしたバスケットボールを題材とし、中高生から人気に火がつき、TVアニメ化、ゲーム化もされました。
 

親世代からは、自分が熱中したという理由はもちろんのこと、「スポーツに打ち込む姿勢が学べる」「挫折や喜びを学べる内容」「チームワーク・団結力が養える内容」「スポーツマンシップを学び、子どもに心身ともに健やかに成長してほしい」といった親の願いを体現してくれる内容への熱い支持が多く見られました。
 

当時もTVアニメやゲームになり人気を博しましたが、2022年秋にもアニメーション映画が公開予定。本記事執筆の2022年5月時点で公式Twitterのフォロワーが24万人を超えていることからも、現在進行形の人気の高さが伺えます。


>11位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
「親が子どもに見せたいアニメ」ランキング! 2位『アンパンマン』、1位は納得の……?
「子どもによく読んでいる絵本」ランキング! 3位『だるまさんが』、2位『ぐりとぐら』、1位は?
ファンに聞いた、2022年秋公開予定の映画『SLAM DUNK スラムダンク』に期待していること
世代別の名作漫画ランキング! 10~20代の1位は『NARUTO』と『ONE PIECE』。30代の1位は?


【関連リンク】
プレスリリース
おうち教材の森

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」