(画像出典:Amazon
『別冊少年マガジン』(講談社)にて2009年から連載され、2021年4月に完結した『進撃の巨人』。テレビアニメでは2022年1月から『進撃の巨人 The Final Season Part 2』(NHK総合)が放送され、漫画の連載が終わってもなお、人気を集めています。

All About編集部では、全国の142人を対象に、『進撃の巨人』に関するアンケート調査を実施しました(調査期間:2022年4月4〜15日)。今回は、その中からファンに聞いた、『進撃の巨人』を再実写化するなら「リヴァイ・アッカーマン」を演じてほしい俳優3選をご紹介します。

巨人に対する戦闘能力が高い人や策略センスのある人が所属する「調査兵団」の中でも最強の戦闘能力を持つ兵士長、“人類最強の兵士”と言われるリヴァイ。冷酷に見えて実は仲間想いだったり潔癖症だったり……というギャップもファンの心を掴んでいます。
 

1:中村倫也


回答者からは、「あのダークな雰囲気を再現できそうだから、でも正義は確かに宿しているという難しい役をこなしてくれそう(26歳男性)」「クールな雰囲気と小柄な感じ。冷たい目をしたときの表情がリヴァイそっくり(50歳女性)」「身長や声や見た目の雰囲気が合っているかなと思います(26歳女性)」「いろんな役をやっていて、クールで無敵な役もバシッと決めてくれそう(31歳女性)」など、リヴァイのクールな雰囲気を再現してくれそうとの声が目立った中村倫也さん。

さらに、「雰囲気作りが上手そう(27歳女性)」「年齢も切長の目もいいから(26歳女性)」「顔が似ていて、背は高いイメージですが、演じてほしいと思いました(33歳女性)」「切長の目の感じがイメージにあうから(43歳男性)」などの声が集まりました。
 

2:松田翔太


回答者からは、「リヴァイが松田翔太にしか見えない(38歳女性)」「宣材写真の髪型がもうリヴァ兵長にしか見えないので(笑)(29歳女性)」「キリッとした目がリヴァイに似てるため(21歳女性)」「顔立ちやスレンダーなところがそのままリヴァイだと思う(28歳女性)」など、見た目や雰囲気がリヴァイそのもの、との声が多く寄せられた松田翔太さん。

さらに、「クールな雰囲気が似合う(25歳男性)」「ヴィジュアル的にイメージに合っているのと、冷酷な役も卒なくこなしてくれそうだから(37歳女性)」「テクノカットが似合いそうだから(27歳女性)」「リヴァイの冷静さやキリッとした感じ、オーラなどが似ているなと思ったから(47歳女性)」などのコメントが寄せられました。
 

3:佐藤健


回答者からは、「立体起動装置での戦闘をリアルに演じてくれそうだから(24歳男性)」「小柄で身体能力が高いから(34歳女性)」「リヴァイ兵長を演じるのなら、運動神経は高い必要があると思います。リヴァイ兵長のキャラクターにあってそうです(18歳女性)」「アクションも見た目もよいから(45歳女性)」など、実写化映画『るろうに剣心』などでのアクションにも定評がある、佐藤健さん。

ほかにも、「かっこよくて冷静、でも面白さもある感じがぴったりだから(35歳女性)」「冷酷非情な役柄もあいそうなので(54歳男性)」「クールで俊敏に動けそうなため(33歳女性)」などの声がありました。


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
『進撃の巨人』を再実写化するならエレン・イェーガーを演じてほしい俳優3選! 横浜流星、あと2人は?
『進撃の巨人』を再実写化するならミカサ・アッカーマンを演じてほしい俳優3選! 橋本愛、あと2人は?
『進撃の巨人』を再実写化するならアルミン・アルレルトを演じてほしい俳優3選! 神木隆之介、あと2人は?
『進撃の巨人』で最強だと思うキャラクター3選! リヴァイ、あと2人は? 【ファン142人に調査】
『進撃の巨人』で好きなキャラクター3選! 主人公、エレン・イェーガーと……? 【ファン142人に調査】