(画像出典:Amazon
『別冊少年マガジン』(講談社)にて2009年から連載され、2021年4月に完結した『進撃の巨人』。テレビアニメでは2022年1月から『進撃の巨人 The Final Season Part 2』(NHK総合)が放送され、漫画の連載が終わってもなお、人気を集めています。

All About編集部では、全国の142人を対象に、『進撃の巨人』に関するアンケート調査を実施しました(調査期間:2022年4月4〜15日)。今回は、その中からファンの支持を多く集めた、『進撃の巨人』の好きなキャラクター3選をご紹介します。
 

1:リヴァイ・アッカーマン


巨人に対する戦闘能力が高い人や策略センスのある人が所属する「調査兵団」の中でも、最強の戦闘能力を持つ兵士長で、“人類最強の兵士”と言われるリヴァイ・アッカーマン。

回答者からは、「人類最強な反面、仲間を想う気持ちは誰よりも強く、熱い男だから(21歳女性)」「かわいい一面もありギャップがあるからです(22歳女性)」「冷たいように見えて一番熱く、人情深いから。ペトラの遺体を捨てる決断をしたシーンは涙なしには見れません(28歳女性)」「お掃除指導でブチ切れるところがおもしろい(36歳女性)」など、冷酷に見えて実は仲間思いな面や、戦闘中でも巨人の返り血を拭うほどの潔癖症である点など、リヴァイのギャップもファンの心を掴んでいます。

さらに、「厳しい性格の持ち主であるが、仲間思いな面を持ち合わせており部下から尊敬されているため(21歳男性)」「口だけの仲間思いだけでなくそれを実行できるだけの強さと統率力を持っているから(43歳男性)」「難局でも落ち着いたメンタリティ、戦闘の実力、公平な接し方、清潔感すべて素晴らしいです。好きというより尊敬している感覚です(45歳女性)」などのコメントも寄せられました。
 

2:ミカサ・アッカーマン


幼い頃にエレンに助けられたことから、ずっと“エレン第一主義”を貫き、エレンにもらったマフラーをいつも身につけているミカサ・アッカーマン。

回答者からも「あんなにエレン思いな姿は感動する(23歳男性)」「エレンを守る為なら手段を選ばない所(19歳男性)」「常にエレンを助ける姿が好き(30歳男性)」「最後にエレンを自分で倒したところ(26歳女性)」など、エレンを守るためなら、先輩にも敵意をあらわにする一途な面を挙げる声が目立ちました。

また、「可愛くて、強く、ミステリアス(38歳男性)」「強く儚げなところが良い(32歳男性)」「強く、健気な女性で、リヴァイ兵長に続く戦闘能力をもつところがかっこいいです。希少な血筋であるところも作品のなかでの魅力かなと思います(18歳女性)」「ミカサの沈着冷静さや人に左右されず芯もあり強いところが好き(51歳女性)」などのコメントが寄せられました。
 

3:エレン・イェーガー


巨人の襲撃により、目の前で母を失ったことから”巨人を駆逐する”という強い信念を持って成長していく主人公、エレン・イェーガー。幼少期のエレンの言葉「駆逐してやる!!」は『進撃の巨人』の名言の1つです。

回答者からは、「大人しそうに見えて強いからです(22歳女性)」「自分を犠牲にしても守りたいものを守るところがカッコいい(34歳女性)」「いつも第一に仲間のことを考えていて、自分を犠牲にしてでも戦える勇敢さや自分の決めたことは諦めずにやり遂げようとする姿勢がとても応援したくなる(47歳女性)」「熱意があって真っ直ぐで、でも沢山苦しんでいるところが好き(35歳女性)」などの声が集まりました。

また、「闇落ちしてからの方が魅力的でかっこいい(26歳男性)」「巨人を駆逐することに情熱的で、その姿がかっこいいと思っていました。物語後半になると少し闇落ちしたかのように感じられましたが、仲間思い故の行動で仲間を突き放したりしていてそこに好感を感じました(19歳男性)」など、物語後半のエレンを支持する声も多く見られました。


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
『進撃の巨人』を再実写化するならエレン・イェーガーを演じてほしい俳優3選! 横浜流星、あと2人は?
『進撃の巨人』を再実写化するならミカサ・アッカーマンを演じてほしい俳優3選! 橋本愛、あと2人は?
『進撃の巨人』を再実写化するならアルミン・アルレルトを演じてほしい俳優3選! 神木隆之介、あと2人は?
『進撃の巨人』を再実写化するならリヴァイ・アッカーマンを演じてほしい俳優3選! 中村倫也、あと2人は?
『進撃の巨人』で最強だと思うキャラクター3選! リヴァイ、あと2人は? 【ファン142人に調査】