(画像出典:Amazon
『別冊少年マガジン』(講談社)にて2009年から連載され、2021年4月に完結した『進撃の巨人』。テレビアニメでは2022年1月から『進撃の巨人 The Final Season Part 2』(NHK総合)が放送され、漫画の連載が終わってもなお、人気を集めています。

All About編集部では、全国の142人を対象に、『進撃の巨人』に関するアンケート調査を実施しました(調査期間:2022年4月4〜15日)。今回は、その中からファンに聞いた、『進撃の巨人』を再実写化するなら「エレン・イェーガー」を演じてほしい俳優3選をご紹介します。

巨人の襲撃により、目の前で母を失ったことから”巨人を駆逐する”という強い信念を持って成長していく主人公、エレン・イェーガー。幼少期のエレンの言葉「駆逐してやる‼」は『進撃の巨人』の名言の1つです。巨人に捕食され、巨人化する能力が目覚めてからは、“人類の希望”としてリヴァイ班に所属し、巨人と戦います。
 

1:横浜流星


回答者からは、「格闘技が強いのではまりそう(54歳男性)」「かっこいいし格闘技が得意だから(22歳男性)」「アクションが出来て演技力もあるから(35歳女性)」などの声が集まった、横浜流星さん。『進撃の巨人』の大きな見どころでもある、壮絶なバトルシーンもさっそうにこなしてくれそうです。

また、「体つきがかっこいいのと、感情的になりやすいところが合いそう(29歳男性)」「見た目が似てる(31歳女性)」「雰囲気も似ていると思いますが、好きな俳優だから(28歳男性)」などのコメントが寄せられました。
 

2:北村匠海


回答者からは、「普通そうにみえるのにどこか普通ではない部分を持ち合わせたエレンを演じられそうだと思ったから(18歳女性)」「素朴な青年も、成長した大人のエレンも演じきれそう(40歳女性)」「最初のちょっと冴えない感じが合いそう(24歳女性)」など、普通に見えてどこか秘めた部分のあるエレンの雰囲気を演じられそう、との声が集まった北村匠海さん。

さらに、「顔が似ている(21歳男性)」「演技力もですが雰囲気がエレンぽいです(33歳女性)」「目が似てると思う(28歳女性)」「実写でできる最大限のエレンでありながら3次元としての現実的でもあるエレンを演じてくれそうだから(22歳女性)」などのコメントが寄せられました。
 

3:藤原竜也


回答者からは、「エレンのハチャメチャな感じを再現してくれそう(31歳女性)」「突っ走る役が似合いそうだから(28歳女性)」「狂気を感じれそうです(32歳男性)」「演技力がすごいので、エレンの葛藤や人間と巨人の使い分けを、感情豊かに上手く演じてくれそうだからです(34歳女性)」など、エレンの狂気性を再現してくれそう、との声が目立った藤原竜也さん。

ほかにも、「無敵な感じと秘めたものを持つ感じがピッタリだと思ったから(23歳女性)」「演技力がすごく迫力ありそうだから(23歳男性)」「表現力があり、顔もある程度似せることができるように思われるから(20歳女性)」「高い演技力と雰囲気です(26歳女性)」などの声が集まりました。


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
『進撃の巨人』を再実写化するならミカサ・アッカーマンを演じてほしい俳優3選! 橋本愛、あと2人は?
『進撃の巨人』を再実写化するならアルミン・アルレルトを演じてほしい俳優3選! 神木隆之介、あと2人は?
『進撃の巨人』を再実写化するならリヴァイ・アッカーマンを演じてほしい俳優3選! 中村倫也、あと2人は?
『進撃の巨人』で最強だと思うキャラクター3選! リヴァイ、あと2人は? 【ファン142人に調査】
『進撃の巨人』で好きなキャラクター3選! 主人公、エレン・イェーガーと……? 【ファン142人に調査】