『別冊少年マガジン』(講談社)にて2009年から連載され、2021年4月に完結した『進撃の巨人』。人を食べる巨人と人との戦いを描いたダークファンタジーなストーリー内で、時には絶望的とも思えるような壮絶な戦いが繰り広げられます。

All About編集部では、全国の142人を対象に、『進撃の巨人』に関するアンケート調査を実施しました(調査期間:2022年4月4〜15日)。今回は、その中からファンの支持を多く集めた、『進撃の巨人』で最強だと思うキャラクター3選をご紹介します。
 

1:リヴァイ・アッカーマン

(画像出典:Amazon

一瞬で巨人の急所を刻み、複数の巨人を倒す圧倒的な強さと判断能力の高さで、“人類最強の兵士”と言われるリヴァイ。

回答者からは、「負けている所を見たことがないから(29歳女性)」「人類最強の男はこの人です。獣の巨人との戦いのシーンがとにかく迫力がありました(37歳女性)」「チート級!かっこいい!すき!(27歳女性)」「もう兵長しか勝たんです!(29歳女性)」などの声が集まりました。

「無茶な戦闘を何度も繰り返してるのにも関わらず、生き残り、たくさんの巨人を壊滅させることができるから(18歳女性)」「とにかく強い。絶望的な状況でもリヴァイが出てくるだけで安心する(50歳女性)」「スピードが尋常ではなく、人相手でも躊躇がない点(31歳男性)」「武力も思考能力も圧倒的(32歳男性)」など、巨人に対する戦闘能力が高い人や策略センスのある人が所属する「調査兵団」の中でも、最強の戦闘能力を持つ兵士長を務めるリヴァイの器を“最強”だと感じる人が多いようです。
 

2:エレン・イェーガー

(画像出典:Amazon

”巨人を駆逐する”という強い信念を持って戦う主人公、エレン・イェーガー。巨人に捕食され、巨人化する能力が目覚めてからは、“人類の希望”としてリヴァイ班に所属し、巨人と戦います。

回答者からは、「目的実行のために誰よりも強い意思を持っているから(37歳男性)」「ユミルや数多くの巨人たちの苦しみを知り、孤独に戦った。精神的にも強い意味合いも込めて最強だと思う(44歳女性)」「巨人の力としてはエレンが最強だと思うし、人並み以上の意志の強さも感じられるから(32歳女性)」など、エレンの信念の強さをもって“最強”と感じる人が多いようです。

また、「リヴァイと迷いましたが、やはり座標を持った始祖の巨人が人智を越えた強さだと思うし、エルディア人の怒りも込めて最強であってほしいとも思います(45歳女性)」「始祖の巨人と進撃の巨人と戦鎚の巨人を宿したエレンは最強である(20歳男性)」「座標の力、始祖の力、戦鎚。全てをとっても巨人部門ではエレンが紛う事なき1位(26歳男性)」「地鳴らしは実質最強だとおもうから(26歳男性)」などのコメントが寄せられました。
 

3:ミカサ・アッカーマン

(画像出典:Amazon
アッカーマン一族の高い戦闘能力に加えて、“エレンを守る”という強い使命感を持って命がけで戦うミカサ・アッカーマン。104期訓練兵団を首席で卒業するほどの、抜群の戦闘能力を持っています。

回答者からは、「身体機能が圧倒的(26歳男性)」「アッカーマン家は最強だと思います(27歳女性)」「リヴァイとも肩を並べる身体能力。エレンを守るために存分に発揮されていると思います(45歳女性)」「2人はやっぱり超人だと思った。この2人なら大丈夫という安心感もあった(34歳女性)」など、リヴァイと並べてミカサを挙げる人も。

また、「最後まで戦いきったから(29歳男性)」「戦闘シーンで必ず活躍していたし、最終回まで生き残ったキャラクターの1人だから(35歳女性)」「強いものが勝つのではない、最後に立っていたものが勝者なのだ理論です(36歳未回答)」などのコメントが寄せられました。


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
『進撃の巨人』を再実写化するならエレン・イェーガーを演じてほしい俳優3選! 横浜流星、あと2人は?
『進撃の巨人』を再実写化するならミカサ・アッカーマンを演じてほしい俳優3選! 橋本愛、あと2人は?
『進撃の巨人』を再実写化するならアルミン・アルレルトを演じてほしい俳優3選! 神木隆之介、あと2人は?
『進撃の巨人』を再実写化するならリヴァイ・アッカーマンを演じてほしい俳優3選! 中村倫也、あと2人は?
『進撃の巨人』で好きなキャラクター3選! 主人公、エレン・イェーガーと……? 【ファン142人に調査】