ついに迎えた『真犯人フラグ』最終回。「日野さん、疑ってごめん」「絶対まほ戻ってくると思った」

大人気考察ドラマ『真犯人フラグ 真相編』(日本テレビ系)が、ついに最終回を迎えました。“真犯人”の予想が当たった人、外れた人、あなたは「どっち?」

大人気考察ドラマ『真犯人フラグ 真相編』(日本テレビ系)の最終回が3月13日に放送されました。約6カ月にわたる放送の中で、SNSなどで視聴者によるさまざまな考察が繰り広げられてきた同作品。衝撃のラストに、最終回放送後もさまざまな感想が飛び交っています。
 

今回は『真犯人フラグ』公式サイト上で実施されていた“真犯人”は誰? という投票コーナー「#みんなの真犯人フラグ」の結果と、放送後に投稿されたSNSの声を紹介します。
 

「半年間、沢山の応援考察本当にありがとうございました」

    
嫉妬と歪んだ愛情に駆られた河村(田中哲司)が“真犯人” という結果、皆さんはどう思われましたか? SNSでは「意外すぎる!」「予想してなかった!」というコメントや、「真犯人が『河村』だったって言う事の恐ろしさより、スッキリの最終考察で言ってた『森アナ』の考察ほとんど合ってた方が怖い」「あなたの番ですでの底辺YouTuberから犯人に成り上がった河村さん」という『あな番』から線をつなぐ視聴者の声も寄せられています。
 

番組公式サイトでは視聴者による“真犯人”の投票結果が公開されており、3月6~11日の調査では日野(迫田孝也)がダントツで1位でした。これまでも1週間ごとに行われていたこちらの投票。番組後半の2月からは日野が1位を独占し、計6回も1位を獲得していました! 今回も2位の河村が16%の投票率だったのに対し、日野は46%! しかし、結果は河村でした。
 

放送後、SNSでは「日野さん、疑ってごめん笑」「とりあえず日野さんごめん」という謝罪コメントがSNSのあちこちで浮上。さらに、「日野さんの奥さんがまさかの鬼奴さんだったとはビックリ!!」「日野のこの考察できた人おるんか」など、むしろこちらの衝撃告白に驚きましたね!
 

「河村君、帰らせて」叶わなかった真帆の願い

放送後には「バッドエンド」がTwitterでトレンド入りした『真犯人フラグ』。河村に首を絞められながら、「凌ちゃんと、光莉と、あっちゃんと、一緒にごはん食べたい」と訴えるシーンが印象的でしたね。
 

「最後が切なすぎるよぉ~まほさん生きてて欲しかったな」「絶対まほ戻ってくると思った」「ラストは真帆さん帰って来てハッピーエンドで終わると思ってたのに~」と、真帆が家族のもとに戻るハッピーエンドを期待していた視聴者から、悲しみのコメントが寄せられました。
 

「ヤバすぎ!映画化なってほしい」

 

放送が終了し、番組に対してはさまざまな意見がSNSで飛び交っています。「まだまだ続編がみたい」「ヤバすぎ!映画化なってほしい」というコメントの一方で、「秋元康さんなんか強引な終わりと感じガッカリ」という声も。確かに、最後は少し駆け足だった気もします。
 

また、番組終了で真フラロスになった視聴者のコメントも目立ちました。主題歌を担当したNovelbrightの竹中雄大さんは放送終了を記念した主題歌『seeker』のピアノバージョンを公開。番組ロスの方には癒しになるのではないでしょうか?
 

衝撃の結末で幕を閉じた『真犯人フラグ』。皆さんの考察は当たりましたか? 人の心の弱さや人間味あふれるストーリーに、多くのファンが夢中になった6カ月でした。続編や映画化はあるのでしょうか? 続報に期待したいですね。
 

>次ページ:『真犯人フラグ』オフショット投稿を見る!
 

【おすすめ記事】
『真犯人フラグ』最終話! その考察、当たってた、当たってなかった、どっち?
『真犯人フラグ』第19話をおさらい! 真犯人は芳根京子で確定?「日野があやしい」の声も続出
『真犯人フラグ』生駒里奈が「私も真犯人わかりません」と投稿。神回といわれる第16話で、何があった?!
「うそ?ほんと?どっち?」 芳根京子、『真犯人フラグ』衣装で意味深投稿。 「瑞穂ちゃんは犯人じゃないよね?!」
『真犯人フラグ』考察「犯人につながる怪しいと思ったシーン」3選
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは