『真犯人フラグ』第19話をおさらい! 真犯人は芳根京子で確定⁉「日野があやしい」の声も続出

3月6日に放送されたドラマ『真犯人フラグ』第19話のストーリーをおさらいしつつ、最終回の見どころに迫ります。

SNSでの考察合戦も話題のドラマ『真犯人フラグ』。3月7日に放送された第19話では、驚きの真犯人フラグが立ちました。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに、次週最終回の見どころをご紹介します。
 

真犯人フラグ
画像出典:日本テレビ「真犯人フラグ」公式サイト

 

第19話のおさらい

相良家を訪れた菱田朋子(桜井ユキ)と山田コーチ(柿澤勇人)から、篤斗(小林優仁)が誘拐された日の真相を聞いた凌介(西島秀俊)。篤斗はサッカー教室で上級生からいじめにあっていました。菱田の息子・清明(桑名愛斗)が上級生から指示され、篤斗のユニフォームを盗んで破ったのです。翌朝、篤斗らの失踪を知った清明はとっさに知らないと嘘をついてしまいました。
 

菱田と山田は、事件が大事になっていくのを見ながら、清明と自身を守るために嘘をつき続けていました。加えて菱田は何者かから脅迫を受け、殺害された林(深水元基)の血がついた包丁を相良家に置き、相良家のビデオを持ち出していました。菱田が隠し続けた押し入れには清明が破った篤斗のユニフォームがあり、襖には「しゃべりすぎだ」と赤いペンキで書き殴られていました。
 

日野(迫田孝也)が営むバー「至上の時」で、凌介は河村(田中哲司)らにその話を伝えます。菱田を脅していたのは橘一星(佐野勇斗)とは別人だと推理する凌介。河村は、占いに真帆と二宮瑞穂(芳根京子)が一緒に行っていた事実を告げます。二宮は会社にも来ず、丸一日以上、連絡が取れていません。二宮に疑惑の目が向く中、二宮はひとり原稿用紙に向かって何かを執筆していました。やがてネットに投稿されたその原稿には、「相良凌介」という人物が登場。河村は単独捜査を続けます。
 

一方、凌介と光莉(原菜乃華)は留置されている一星に会いに行きます。光莉は取調室に一人で突入すると、一星を信じると宣言。一星は母・すみれのご飯を食べたときと、光莉を助けに来たときに涙を流しました。「あれが本当の一星君だと信じる。ネットに一星君は悪くないと書き込む」と啖呵を切る光莉に、「そんなことしちゃだめだ」と涙を流す一星。一星もまた何者かから脅迫され、母に危害が加わらないよう、指示通りに動いて犯人のように振る舞っていたと供述します。
 

本木陽香(生駒里奈)のことを利用したが、光莉に対してやりすぎるから自分が身代わりになって光莉を解放したのです。監禁されている一星を陽香の自宅から解放したのは強羅(上島竜兵)でした。犯人は強羅ではなく、強羅もまた何者かから指示をうけて動いていました。一星を犯人に仕立て上げる強力な証拠がでてくるはずという一星の言葉通り、やがてネットに一星が林を殺害していると思われる動画が流れます。
 

河村が「至上の時」に等々力茉莉奈(林田岬優)を連れて現れ、二宮の姉が林と婚約していた事実が告げられます。結婚式の3ヶ月前に姉は自殺。二宮が必死で調べたところ、姉は風俗嬢で反社とのつながりもあり美人局をしていた、それが会社や林にバレて婚約破棄されていたという話がでてきたといいます。
 

一方、その噂については河村が編集長を務める「週刊追求」も別の人物に取材していました。林は真帆に本気になってしまい、プロに頼んで二宮の姉を陥れたのです。二宮は林を殺したいほど憎んでいました。しかし林殺害に関しては、茉莉奈の父も二宮も関与していないと電話で話し合ったという茉莉奈。「だからってやってないとは言い切れない」と河村。かつて真帆に振られたから、凌介たちには意地でも幸せでいてもらわなくちゃ困ると熱い思いを語ります。
 

ネットに投稿された小説の字が、二宮の字に似ていると凌介。「至上の時」を飛び出した河村の後を日野とともに追います。ついたのは真帆が好きだった場所。「やっぱりお前か」と河村が言うと、そこには二宮の姿がありました。そして二宮は言います。「この物語、終わらせましょう」――。
 

真犯人フラグ
画像出典:日本テレビ「真犯人フラグ」公式サイト

 

二宮に疑惑の目が向く中、「真犯人は日野!」の声が続出

前回、豪快にサイコパスを演じた一星が実は真犯人ではなく脅されており、押し入れの謎が解けた菱田もまた真犯人に脅迫されていたという事実が判明。そして二宮に改めてフラグが立ったように見えた第19話。
 

Twitterでは「犯人日野やとおもうけどな」「最後瑞穂と河村さんは手組んだんだろな。日野さんを敢えて呼んだとしか思えない」など日野犯人説が続出する中、「絶対真帆だって!みんな騙されてるって!」「河村が汚職事件ネタを記事にするために色々仕組んだんじゃ」など、真犯人考察が盛り上がりを見せています。
 

まだ回収しきれていない謎や伏線を指摘する声も上がる中、次週最終回ではすべてが明らかにされるのでしょうか? また、秋元康さんならではの大どんでん返しにも期待。気になる最終話は3月13日の放送です。
 

『真犯人フラグ』第29話 3月13日放送予告




【おすすめ記事】
『真犯人フラグ』考察「犯人だと思う人物」ランキング! 3位「菱田朋子」、2位「相良真帆」、1位は?
『真犯人フラグ』考察「犯人であってほしくない人物」3選! 「相良凌介の二重人格説はマジで勘弁」などの声も
「うそ?ほんと?どっち?」 芳根京子、『真犯人フラグ』衣装で意味深投稿。 「瑞穂ちゃんは犯人じゃないよね?!」
『真犯人フラグ』第18話 橘一星(佐野勇斗)まさかの裏切り、衝撃独白に「もう誰も信じられない」の声
『真犯人フラグ』宮沢りえと猫おばさんが芳根京子25歳の誕生日を祝福! 「ま、真帆が!」

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応