片手でガブッと食べられて、満足感抜群のアイス「ジャイアントコーン」。発売から50年以上のロングセラーブランドですが、よりおいしく食べやすく!と進化を続けているのだそう。

実は近年、工場勤務者しか知らなかったおいしさを届けようと、「できたてセール」を不定期で開催しているのです。さらに3月1日からは、抽選で1000人に「ジャイアントコーンできたて品」が当たるキャンペーンも実施中! 実際に食べてみた感想を含め、詳しくご紹介します。
 

製造から10日以内のジャイアントコーンが食べられる!


2020年からスタートしたジャイアントコーンの「できたてセール」は、通常製品と区別して優先配送し、製造後10日以内の製品を全国の消費者に届ける特別企画。
 
「できたてセール」は全国のスーパーやドラッグストアで実施中。不定期&数量限定なので、見つけたら即買いです!

本来、流通業界では、先に入荷したものから出荷・販売する「先入れ先出し」が基本。しかし「生産直後のおいしさも知ってほしい」との想いから、不定期開催でできたて品を届ける取り組みを行うようになったのだとか。

ちなみに2022年の「できたてセール」は3月10日まで実施中。「できたて品」であっても価格は変わりません。
 
黄「チョコ&ミルク」、赤「チョコナッツ」、青「クッキー&チョコ」。


ここで買えなくてもまだチャンスあり! 5月31日まで「ジャイアントコーンできたて品プレゼントキャンペーン」を開催中です。ジャイアントコーンを3個購入して応募すると、抽選で合計1000人に製造後10日以内の「ジャイアントコーンできたて品」が当たります。

 

まずはジャイアントコーン3種の味をご紹介


今回は定番の3種類、赤の「チョコナッツ」、黄の「チョコ&ミルク」、青の「クッキー&チョコ」のできたて品を試食しました。そのうち、赤の「チョコナッツ」と黄の「チョコ&ミルク」は2月28日にリニューアル!
 
赤パッケージの「チョコナッツ」。カカオポリフェノール100mg入り。

赤パッケージの「チョコナッツ」は、高焙煎ナッツとザクザク食感のクリスピーチョコを味わえるジャイアントコーン。ナッツ・チョコ・アイス・コーンと素材の4重層で、香ばしさと豊かな食感が楽しめるのが特徴です。

今回のリニューアルではクリスピーチョコの部分にナッツペーストが加わっており、さらにパワーアップしたおいしさになっています。
 
黄色パッケージの「チョコ&ミルク」。カカオポリフェノール 150mg入り。

黄色パッケージの「チョコ&ミルク」は、層になったパリパリチョコと、まろやかなミルククリームをバランスよく配したジャイアントコーン。トップのアーモンドクランチがアクセントになっています。

リニューアルではパリパリチョコが増量しており、さらにパリパリ感が得られるように。
 
青パッケージの「クッキー&チョコ」。カカオポリフェノールの含有量は3種類の中で1番多い200mg。


青パッケージの「クッキー&チョコ」は、トッピングからアイス、コーンの最下部までチョコが堪能できるジャイアントコーン。アイスの中には生チョコも入っており、濃度の異なるチョコの味が楽しめます。
 

できたてジャイアントコーン、いつもの商品とどう違う?


できたて品を実際に食べてみると、コーンの部分が全然違いました! いつも食べているジャイアントコーンもおいしいのですが、アイスに近いコーンの上部がシナッとしていていることがあるのですよね。

これまで「そういうものだ」と思って食べてきましたが、このできたて品はザクッと硬く、手触り・歯触りがとてもイイ!
 
コーン部分をカットしたところ。


コーン内側のチョココーテイングもパリパリ食感がさらに強いように思えます。食べていると、鼻から抜ける風味も香ばしい……。香りや食感のコントラストが強いので、今までよりも満足感が得られます。
 


このザクザク感や香ばしさ、たくさんの人に共感してほしい! 食べながら思わずそう願ってしまった「ジャイアントコーン」できたて品。キャンペーンは対象商品を3個購入、レシートを撮影して応募するだけなので、ぜひ試してみてくださいね!


■江崎グリコ「 ジャイアントコーン 」できたて品
価格:オープン価格(税込152円前後)
キャンペーンサイト


【おすすめ記事】
無印良品の「桜スイーツ」が2022年も販売! 恒例のバウムやクッキーなど、おすすめ5選
ミスドに桜が咲きました! 新発売の「桜もちっとドーナツ」の味わいは?
山崎製パンの「好きな菓子食パン」ランキング! 3位「まるごとソーセージ」、2位「薄皮ミニパン」、1位は?
無印良品の「うなぎ巻き」を実食! 甘めのうなぎとタレ味のご飯に箸が止まらない!
コンビニで買える「雪印コーヒープリン」を実食! コーヒーゼリーが苦手な人でも食べられるかも

【関連リンク】
江崎グリコ