2021年の冬ボーナス「支給あり」が約7割、支給額平均は約3万円増、使い道で最も多かったのは?

ライボが発表した「2021年 冬ボーナス実態調査」によると、2021年の冬ボーナスは全体の約7割が「支給あり」と回答しました。支給額は平均で「75.67万円」、2020年度と比較して約3万円増。ボーナスの使い道で最も多かったのは?

ライボは12月6日、「2021年 冬ボーナス実態調査」を発表。全国20〜69歳の男女487人を対象に、2021年冬のボーナス支給額や、使い道などを調査しました。

本記事では、2020年冬ボーナスの調査結果と併せて紹介します。
 

冬のボーナス、約7割が「支給あり」と回答

2021年度の冬ボーナス支給および支給予定について聞いたところ、全体の72.1%が「はい」と回答しました。2020年度の73.5%と比較すると、1.4ポイント減という結果に。
 

平均支給額は2020年度よりも約3万円増の「75.67万円」

一方、支給額を見ると、「増額した」が41.3%、「減額した」が18.2%、「変化なし」が40.5%でした。
 
2021年度ボーナス支給額、2020年との比較
2021年度ボーナス支給額、2020年との比較


平均支給額を比較すると、2020年は平均72.45万円、中央値55万円だったのに対し、2021年は平均75.67万円、中央値が60万円との結果となっています。昨年より約3万円ほど増額していることが分かりました。
 

ボーナスの使い道は全体の約7割が「貯金・預金」する

2021年度冬ボーナスの使い道
2021年度冬ボーナスの使い道
ボーナスの使い道で圧倒的に多かったのは「貯金・預金」で66.1%。約7割の人は貯金に回すと回答しています。そのほかの投資関連では、「投資信託」が19.7%、「株式」が15.4%となっています。




>>次ページ:冬のボーナス、コロナの影響は?





【おすすめ記事】
「忘年会の費用をボーナスで支給希望」「忘年会はムダ」社長と社員に聞いた本音、割合は……?
人事担当者に聞いた「出世・昇進する社員の共通点」! 半数以上が回答した重要な要素とは?
1万5000人調査「ボーナスが高い職種ランキング」! 年間平均「177.1万円」の1位職種は……?
3000人に聞いた「2021年の冬のボーナスの使い道」8年連続で「貯金」が1位、支給額と貯蓄に回す金額は?
「あったら嬉しい福利厚生」ランキング! 「旅行・レジャーの優待」「特別休暇」を抑えた1位は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も