食事をする時、食卓に並んだメニューの中で好きなものを最初に食べるか最後までとっておくか、人それぞれ癖があるもの。実際にはどのタイミングで好きなものを食べる人が多いのでしょうか。

LINEリサーチが、全国の15~59歳の男女LINEユーザーを対象に、「いくつかのおかずが入っているお弁当を食べる時に最初に食べるもの」「普段の食事で好きなものはどのタイミングで食べるか」というテーマで2021年7月6~8日の期間でスマートフォンWeb調査を実施しました。集まった有効回収数5252サンプルの集計結果はいかに?
 

幕の内弁当で最初に食べるもの1位は「おひたし」、2位はご飯

幕の内弁当で最初に食べるもの1位はおひたし(出典:LINEリサーチ

全年代の人に比較的よくあるお弁当の画像を見てもらい、複数のおかずが入っている幕の内弁当で最初に何を食べるかを質問したところ、「おひたし」を選んだ人が3割弱と最も多く全体のTOPに。2位は「ごはん」で約2割の人が選びました。
 

 年代別結果、10代は1番に「ごはん」を選ぶ傾向

年代を問わずおひたしかご飯を最初に食べる人が多い(出典:LINEリサーチ

全体1位の「おひたし」は20~40代で1位、10代と50代でも僅差で2位にランクインしています。20~30代の割合が3割超と特に高いのが分かります。女性はすべての年代で「おひたし」が1位となり、さっぱりした野菜からまず箸をつけるという人が多いようです。

全体2位の「ごはん」も、全年代で2位以内に入っています。10代では1位で、10代男性だと2割超と特に高い割合でした。食べ盛りの年代だけに、まずは炭水化物でおなかを満たしたいという気持ちの表れかもしれません。
 

普段の食事で好きなものを「合間に食べる」人が多い

「好きなものは合間に食べる」派が最多

次に、普段の食事で好きなものはいつ食べることが多いかを聞くと、全体では「合間に食べる派」が半数弱と最も割合が高いという結果になりました。次に多いのが「最後に食べる派」で約4割、「最初に食べる派」は全体で1割強と少数派のようです。

「最初に食べる派」の割合は、どの年代でも1割弱から2割弱と総じて低めでした。ただし年代が上がるほど高くなる傾向が見られ、50代では2割弱まで上がっています。

好きなものを食べるタイミングはメニューによっても違いがありそうですが、好きなものは最初に食べてしまおうと考える人はどの年代でも少数派のようです。

好きなものを食事の最初に食べるのか、最後までとっておくのか、それとも合間に口にするのか。いずれにしても、食べる瞬間は至福の時と言えるでしょう。

【おすすめ記事】
みんな大好き「カレーの具」人気ランキングが決定! 3位「牛肉」2位「玉ねぎ」、1位は?
500人に聞いた「好きなご飯のお供」ランキング! 3位「焼き鮭」2位「明太子」、1位は?
好きな人には衝撃! 500人に聞いた「嫌いなご飯のお供」ランキング! 3位「わさび漬け」2位「うに」、1位は?
500人に聞いた「好きな焼きそばの具」ランキング! 3位「もやし」2位「豚肉」、1位は?

【関連リンク】
LINEリサーチ