「ご当地ならではの体験・アクティビティが楽しめた」都道府県ランキング! 2位「山梨県」、1位は?

じゃらん宿泊旅行調査による都道府県ランキングの「ご当地ならではの体験・アクティビティが楽しめた」では、沖縄県が1位に選ばれました。次に山梨県、そして和歌山県と続いています。いずれも、観光名所や特産品に絡めたアクティビティが人気です。

リクルートの「じゃらんリサーチセンター」は、全国1万5719人の宿泊旅行者を対象に「じゃらん宿泊旅行調査 2021」を実施しました。観光などを目的とした宿泊を伴う国内旅行実態(出張、帰省、修学旅行などを除く)を調べるもので、2021年で17回目。2020年度の宿泊旅行実施率は31.2%で、2005年の調査開始以来、過去最低値となりました。
 

今回は、アンケート結果から「ご当地ならではの体験・アクティビティが楽しめた」部門で人気となった地域のランキング上位を紹介します。調査期間は、2021年4月8~22日。
 

・出典:「じゃらん宿泊旅行調査 2021」(リクルートじゃらんリサーチセンター調べ)
 

第3位:和歌山県

3位の「和歌山県」は南紀白浜や那智勝浦など、温泉地の多さが特徴です。エリアごとに温泉の特徴も変わるので、何度も訪れて比較してみるのも一興でしょう。潮岬や橋杭岩といった自然も、満喫したいところです。
 

第2位:山梨県

2位は「山梨県」でした。山梨県は、ぶどうやももといったフルーツの産地として知られている場所。そのため、フルーツ狩りが盛んに行われていて、カップルやファミリー層などを楽しませています。富士五湖エリアでは、スワンボートやSUPなどのウォーターアクティビティも楽しめます。
 

第1位:沖縄県


そして、1位に輝いたのは「沖縄県」でした。美しい海に囲まれた沖縄県では、シュノーケリングやヨットといったマリンスポーツを堪能できます。ビーチでのバーベキューも、家族やカップルに人気。そのほか、伝統工芸の体験教室も歴史を学べる場となるでしょう。


>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
「地元の人のホスピタリティを感じた」都道府県ランキング! 2位「宮崎県」、1位は?
美味しい地元グルメが多かった「国内旅行先」ランキング! 1位は?
良い宿・ホテルがある「国内旅行先」ランキング! 2位「神奈川県」を上回る1位は?
「現地で良い観光情報を入手できた」都道府県ランキング! 2位「京都府」、1位は?
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」