リクルートの「じゃらんリサーチセンター」は、全国1万5719人の宿泊旅行者を対象に「じゃらん宿泊旅行調査 2021」を実施しました。観光などを目的とした宿泊を伴う国内旅行実態(出張、帰省、修学旅行などを除く)を調べるもので、2021年で17回目。2020年度の宿泊旅行実施率は31.2%で、2005年の調査開始以来、過去最低値となりました。
 

今回はアンケート結果から、「現地で良い観光情報を入手できた」部門で人気となった地域のランキング上位を紹介します。調査期間は、2021年4月8~22日。
 
・出典:「じゃらん宿泊旅行調査 2021」(リクルートじゃらんリサーチセンター調べ)
 

第3位:石川県

3位の「石川県」は、昔から観光産業が盛んな地域。駅やホテル、飲食店などの施設で、詳しい観光情報を収集しやすいのが魅力です。さらにSNSを利用すれば、地元のおすすめスポットを手軽に探すことができるでしょう。
 

第2位:京都府

2位は「京都府」。京都府はもともと観光客の数が多いので、エリア全体でもてなしの体制が整っています。お店や宿泊施設でおすすめスポットをスタッフに聞いてみると、地元ならではの行き先を教えてくれるはずです。
 

第1位:沖縄県


そして、1位は「沖縄県」。沖縄県の方々は、その特有の寛容さで観光客をサポートしてくれます。沖縄県民は世話好きで、困っている人を放ってはおけません。見ず知らずの人におすすめを訪ねても、とても親切に答えてくれるでしょう。


>10位までの全ランキング結果を見る



【おすすめ記事】
「魅力的な温泉がある」都道府県ランキング! 1位は?
「大人が楽しめるスポットや施設・体験が多い」都道府県ランキング! 2位「京都府」、1位は?
「地元の人のホスピタリティを感じた」都道府県ランキング! 2位「宮崎県」、1位は?
「魅力的な宿泊施設が多い」都道府県ランキング! 2位「大分県」を上回る1位は?