「地元の人のホスピタリティを感じた」都道府県ランキング! 2位「宮崎県」、1位は?

じゃらん宿泊旅行調査による都道府県ランキングの「地元の人のホスピタリティを感じた」では、沖縄県が1位に選ばれました。次に宮崎県、そして北海道が続いています。いずれも地元の人が観光客に慣れているうえ、友好的な県民性が反映されているといるでしょう。

リクルートの「じゃらんリサーチセンター」は、全国1万5719人の宿泊旅行者を対象に「じゃらん宿泊旅行調査 2021」を実施しました。観光などを目的とした宿泊を伴う国内旅行実態(出張、帰省、修学旅行などを除く)を調べるもので、2021年で17回目。2020年度の宿泊旅行実施率は31.2%で、2005年の調査開始以来、過去最低値となりました。
 

今回はアンケート結果から、「地元の人のホスピタリティを感じた」部門で人気となった地域のランキング上位を紹介します。調査期間は2021年4月8~22日。
 
・出典:「じゃらん宿泊旅行調査 2021」(リクルートじゃらんリサーチセンター調べ)

 

第3位:北海道

hunters-dream / Shutterstock.com


3位は「北海道」です。北海道民にはおおらかな人が多く、細かい風習の違いやマナーも受け入れてくれます。エリア外からやってきた観光客に対してもフレンドリーに対応してくれるため、人の温かさを感じられる場所です。
 

第2位:宮崎県


続いて2位は「宮崎県」でした。九州といえば「頑固」「生真面目」といったイメージがあるものの、宮崎県民はいい意味でのんびりしています。部外者に対しても敵意を抱くようなことがなく、むしろ、積極的に世話をしてくれる人が多いのかもしれません。
 

第1位:沖縄県


そして、1位に選ばれたのは「沖縄県」でした。自然に囲まれたエリアであるゆえ、多くの沖縄県民は寛容で朗らか。県全体が観光地として有名なので、県外の人にも慣れています。まるで故郷に帰ってきたときのようなホスピタリティを期待できるでしょう。
 

上位にランクインした県は宿や観光施設のスタッフの評価が高いことに加え、体験アクティビティのスタッフのコミュニケーションや、一般の人が親切・フランクである、商売っ気がなく好感が持てる、などの声が挙がっていました。


>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
「魅力的な温泉がある」都道府県ランキング! 1位は?
美味しい地元グルメが多かった「国内旅行先」ランキング! 1位は?
移住したい都道府県ランキングが変動! 2020年の首位は?
「水道水を飲むことに抵抗がない」都道府県ランキング! 3位 「鳥取県」、同率1位は東北地方の…

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない