リクルートの「じゃらんリサーチセンター」は、全国1万5719人の宿泊旅行者を対象に「じゃらん宿泊旅行調査 2021」を実施しました。観光などを目的とした宿泊を伴う国内旅行実態(出張、帰省、修学旅行などを除く)を調べるもので、2021年で17回目。2020年度の宿泊旅行実施率は31.2%で、2005年の調査開始以来、過去最低値となりました。
 

今回はアンケート結果から、「魅力的な温泉がある」部門で人気となった地域のランキング上位を紹介します。調査期間は2021年4月8~22日。
 
・出典:「じゃらん宿泊旅行調査 2021」(リクルートじゃらんリサーチセンター調べ)
※選んだ理由別 都道府県ランキング「魅力的な温泉があったから」より
 

第3位:栃木県


3位は「栃木県」。代表的なのは鬼怒川温泉で、日光市の鬼怒川上流にあります。そのほか、川治温泉や塩原温泉なども全国的な知名度が高いといえるでしょう。
 

第2位:大分県


2位は「大分県」でした。人気の別府温泉、由布院温泉を有している以外にも温泉がたくさんあるエリアです。天ケ瀬温泉は温泉そのものだけでなく、旅館が密集している温泉街でも人々を楽しませています。
 

第1位:群馬県


そして、1位には「群馬県」が選ばれました。川原湯温泉や湯宿温泉、老神温泉など、人気の温泉が数多くある都道府県です。その中でも草津温泉は、人気で日本を代表する名泉に数えられてきました。
 


>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
良い宿・ホテルがある「国内旅行先」ランキング! 2位「神奈川県」を上回る1位は?
観光スポットに興味がある「国内旅行先」ランキング! 2位「島根県」を上回る1位は?
テレビや雑誌で話題になっていた「国内旅行先」ランキング! 2位「長崎県」を上回る1位は?
コロナが終息したら旅行したい場所ランキング! 3位「東京都」、2位「沖縄県」、1位は?