世界のIT企業はコロナ禍でも好調? GAFAのエンジニアやマーケターの給与が明らかに

米国のニュースサイト「ビジネス・インサイダー」は米国就労ビザや外国人労働者認定局のデータを分析し、GAFAをはじめとした世界の大手IT企業の給与を推察。各企業のトップエンジニアやマーケター、マネージャーの年俸などが明らかとなりました。

就労ビザや社内調査データから明らかとなった大手IT企業の年俸


・Google
上級副社長:65万米ドル
エンジニアリング担当副社長:47万5000米ドル
ソフトウェアエンジニア:35万米ドル

・Apple
マーケティングマネージャー:24万米ドル
マーケティングシニアディレクター:32万5000米ドル

・Amazon
優秀な従業員の基本給:約9〜18万5000米ドル



>記事に戻る


【おすすめ記事】
オバマ元大統領が選ぶ「2021年夏のおすすめ課題図書11冊」 カズオ・イシグロ作品も選出
コロナ禍で注目の生体認証レジ「AmazonOne」とは? 「用心と懐疑をもって接するべき」との声も
YouTubeが新しい収益機能「Super Thanks」を公開!
世界のVR市場は年30%前後で成長、今後はオールインワンVR端末が主流に?


 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • ヒナタカの雑食系映画論

    R15+指定がされるほどのバイオレンスが「必要」だと思えた最新日本映画5選