大東建託は居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 住みたい街ランキング2021〈兵庫県版〉」を発表しました。
 

兵庫県に住む成人男女8716人を対象に調査を行った結果、「住みたい街(自治体)ランキング」1位は、3年連続で「西宮市」が選ばれました。続く2位は、2年連続で「神戸市中央区」、3位は「明石市」という結果になりました。順位に変動はありますが、TOP5の顔ぶれはすべて昨年と同じです。
 

※このランキングは、入力された自治体名をもとに複数の候補を表示し選択してもらうフリーワード・サジェスト方式の回答から投票数を集計して作成しています。
 

神呪神社から見た景色(兵庫県西宮市)

 

1位は、3年連続!理想的な住環境が整った圧倒的人気エリア「西宮市」

「西宮市」は、県南東部、大阪と神戸のほぼ中間に位置し、憧れの住宅街として発展してきた都市です。立地的に生活面での選択肢が広がると男女やライフステージの違いを問わず、幅広い層から高い支持を集めています。再開発による商業施設開業やタワーマンションの供給増加によって利便性が飛躍的に向上したことも人気獲得の要因です。
 

本県の住みここち(駅)ランキングにおいて1位2位である「夙川駅」「西宮北口駅」を有していることからも満足度の高さがうかがえます。華やかで賑やかな環境と、山・川・海の自然に恵まれた穏やかな環境とが共存する「ちょうどよさ」も魅力です。文教住宅都市として先を見据えた施設整備などに注力している点も見逃せません。
 

2位は、神戸市の玄関口にふさわしい魅力的で風格のある「神戸市中央区」

「神戸市中央区」は、新神戸駅や神戸空港といった交通結節機能を有し、商業・ビジネス・観光などで賑わう市内随一の繁華街でありながら、南北を海と山に囲まれた自然豊かなエリアです。県内で最大のショッピングエリアでもあり、非常に利便性が高いことから多くの支持を集めています。
 

歴史を感じる異国情緒漂う美しい街並みはそれだけで住んでみたい気持ちを高揚させます。生活を彩るあらゆる環境が “ちょっと出かける”距離感につまったコンパクトさも大きな魅力といえるでしょう。
 

3位は、時代の変化や市民ニーズに応えたまちづくりをすすめる「明石市」

「明石市」は、日本標準子午線上に位置し、日本を代表する「時のまち」として有名です。瀬戸内海に面し、世界最長の吊り橋「明石海峡大橋」が一望でき、産業や文化など様々な分野に海の恵みを受けています。年間を通じて気候が温暖で四季折々の自然の中に暮らしやすい住環境が整っています。
 

名物「明石焼」や新鮮な魚介類など古くから伝わる食文化も魅力。子育て支援やイベント誘致など市民のニーズを察知し、積極的に推進していくことで人の関心や往来が増し、結果的に人口増加という好循環につながっています。
 

>5位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
兵庫県の住みここちランキング! 3位「神戸市中央区」、2位「西宮市」、1位は2年連続で…!
近畿圏の「買って住みたい街」ランキング! 3位「谷町四丁目」、2位「三ノ宮」、1位は?
京都府民が選ぶ「住みたい街」ランキング! 2位「京都市北区」、1位は3年連続の…
奈良県の住みここちランキング! 3位「生駒市」、2位「広陵町」、1位は今年も…


【関連リンク】
「いい部屋ネット 住みたい街ランキング2021<兵庫県版>」