横浜・ホテルニューグランド発祥メニューを提供! 幻のレストラン「ダイニングルーム フェニックス」とは

ホテルニューグランド 本館2階にある宴会場「フェニックスルーム」で、不定期でオープンする幻のレストラン「ダイニングルーム フェニックス」が開催されています。期間限定で同ホテル発祥メニューなどを提供。普段は宴会や婚礼でしか入れない特別な空間で食事が楽しめます。

横浜の「ホテルニューグランド」本館2階にある宴会場「フェニックスルーム」。通常は、婚礼や宴会以外では入ることができませんが、現在、不定期でオープンする幻のレストラン「ダイニングルーム フェニックス」として、ホテル伝統メニューを提供しています。どのような空間で、どのような料理がいただけるのか、取材してきました。(提供画像以外は筆者撮影)

 

フェニックスルームの歴史について

ホテルニューグランド 本館2階 フェニックスルーム
ホテルニューグランド 本館2階 フェニックスルーム

ホテルニューグランドは、1927(昭和2)年に横浜に開業した日本屈指のクラシックホテル。フェニックスルームは、横浜市認定歴史的建造物・近代化産業遺産として認定されている本館の2階にあります。
 

ホテルのシンボルマークにもなっている「不死鳥」がネーミングの由来となっており、開業時は、国賓級のゲストを迎えるメインダイニングとして利用されていました。
 

昭和初期のフェニックスルームのようす(画像提供:ホテルニューグランド)
昭和初期のフェニックスルームの様子(画像提供:ホテルニューグランド)

桃山調と呼ばれる日本風のインテリアは、当時のゲストのほとんどが外国人だったことを意識しての造りとなっています。当時の意匠をそのまま今に受け継いでいるので、独特の雰囲気が感じられます。

 

なぜ幻のレストランなの?

ダイニングルーム フェニックスは期間限定の特別企画

フェニックスルームは、通常は宴会場として使われていますが、ホテル伝統のメニューを歴史的空間で味わっていただきたいという思いから「ダイニングルーム フェニックス」としてレストラン利用してもらおうという期間限定の特別企画。宴会が開かれる場合はオープンしないため、「幻のレストラン」というわけです。
 

「ダイニングルーム フェニックス」の開催日は随時更新されますので、公式サイトをチェックしてお出掛けください。

 

ホテル発祥メニュー、伝統メニューについて

ホテルニューグランドには、数々の発祥メニュー、伝統メニューがあります。本館1階 コーヒーハウス「ザ・カフェ」でも提供されている大人気のメニューが特別な空間で楽しめます。

ダイニングルーム フェニックス メニュー

・左上:シーフードドリア(2783円)……同ホテル発祥メニュー。「体調が良くないので、何かのど越しの良いものを」とのリクエストに応え、初代総料理長サリー・ワイル氏が即興で作ったシュリンプドリアが今に受け継がれています。
 

・右上:スパゲッティナポリタン(2178円)……同ホテル発祥メニュー。かつてホテルニューグランドが進駐軍に接収されていたころ、軍用保存食であったスパゲッティとケチャップを和えて食べている軍人の姿を見た2代目総料理長 入江茂忠氏が、ケチャップではなく風味豊かなトマトソースを使って創作しました。
 

・下:ハンバーグステーキ(パン/ライス付き、3085円)……初代総料理長サリー・ワイル氏の時代から続く、デミグラスソースを使った伝統メニュー。デミグラスソースのハンバーグを日本で初めて提供したのは、サリー・ワイル氏ではないか、といわれています。

スープまたはサラダ+ドリンクセット


・スープ または サラダ + ドリンクセット(1210円)……同ホテル伝統の、富士山が描かれている大倉陶園の食器で楽しめます。
 

ダイニングルーム フェニックス デザートメニュー

・左上:バニラアイス(931円)……ホテルメイドのクリーム色が美しい、懐かしい味わい。
 

・左下:ピーチメルバ(1573円)……バニラアイスの上に桃のコンポートを乗せ、ラズベリーソースをかけたデザート。19世紀後半~20世紀初めに活躍したオペラ歌手、ネリー・メルバのために、ロンドンのサヴォイ・ホテルの料理長、オーギュスト・エスコフィエが考案したといわれています。
 

・右下:プリン ア ラ モード(1633円)……同ホテル発祥メニュー。甘いもの好きのアメリカ人将校夫人に喜んでもらおうと、「見た目も華やかで、満足できるボリュームのデザートを」と当時のパティシエが考案。。「ザ・カフェ」で提供している足のついたコルトンディッシュとはまた趣を変え、ボート型のお皿で提供。
 

・右中:ショートケーキ(726円)……ふんわり焼き上がられたスポンジと軽やかな生クリームが美しい層に。
 

・右上:コーヒー(907円)※おかわり自由……コーヒーはキーコーヒーが提供する同ホテルオリジナルブレンドを使用。ホテル開業時からキーコーヒーの前身、木村商店からコーヒーを仕入れていたというエピソードが。

ホテルニューグランドの顔である大階段をのぼって2階へ
ホテルニューグランドの顔である大階段を登って2階へ

ひとつひとつにストーリーがある、ホテルニューグランド発祥のメニューやデザートを特別な空間で楽しめる「ダイニングルーム フェニックス」。予約は受け付けていませんので、公式サイトで開催日をチェックしてお出掛けください。
 

・ダイニングルーム フェニックス https://www.hotel-newgrand.co.jp/event/diningroom-phoenix/

 

【おすすめ記事】
ドリアは日本生まれの料理! 横浜のホテルニューグランドが10月29日を「ドリアの日」と制定
そごう横浜店に牛鍋の荒井屋出店!「牛ひつまぶし膳」はここだけの絶品メニュー
横浜ロイヤルパークホテル「マリトッツォ」大き目サイズなのに軽くてペロリ…ホテルの本気を感じた!
夏に食べたい、爽やか系「マリトッツォ」3選! 横浜のベーカリーで発見
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは