ドリアは日本生まれの料理! 横浜のホテルニューグランドが10月29日を「ドリアの日」と制定

横浜のホテルニューグランドが10月29日を「ドリアの日」と制定。一般社団法人日本記念日協会で正式に認定されたことを発表しました。同ホテル発祥の「ドリア」は初代総料理長サリー・ワイル氏が考案した、日本生まれのグラタン料理です。

横浜が誇るクラシックホテル「ホテルニューグランド」が毎年10月29日を「ドリアの日」として制定。一般社団法人日本記念日協会に正式に認定されたことを発表しました。

 

なぜ10月29日が「ドリアの日」?

ホテルニューグランド発祥の料理・ドリア
ホテルニューグランド発祥の料理・ドリア(画像提供:ホテルニューグランド)

ドリアは日本生まれの料理って知っていましたか? 1927(昭和2)年、横浜に開業したホテルニューグランド発祥のメニューで、初代総料理長のサリー・ワイル氏が考案した、お米を使ったグラタン料理です。
 

日本生まれの料理であるドリアの歴史を、より多くの方々に周知されるきっかけとなって欲しい、また、ドリアのおいしさが末永く愛され続けるように願いを込めて、考案したワイル氏が来日した10月29日を「ドリアの日」と制定しました。

 

考案したサリー・ワイル氏はどんな人物?

ホテルニューグランド開業にあたり招かれたシェフ・サリーワイル氏(画像提供:ホテルニューグランド)
ホテルニューグランド開業にあたり招かれたシェフ・サリーワイル氏(画像提供:ホテルニューグランド)


日本記念日協会に認定されるには、確固たる理由が必要となるそうですが、来日の際に提出した居住所届が同ホテルに残っていたことが決め手となりました。そこに記載されていた渡来月日が10月29日だったのです。
 

ホテルニューグランド開業にあたりフランス・パリから招かれたサリー・ワイル氏は、当時30歳の若きシェフでした。
 

ワイル氏はスイス出身ということもあり、フレンチの王道にこだわるよりも、ヨーロッパ各国の名物料理を柔軟に取り入れた「ヨーロッパ料理」のほうが日本人の心をうまくとらえられるのでは、と考え、お客さまが気軽に楽しめるアラカルト(一品料理)を提供するなど、形式にとらわれない自由な雰囲気を取り入れたそうです。
 

日本全国から修業のために料理人が同ホテルに集まり、多くの名シェフを輩出。日本のホテルレストラン業界に多大な影響を与えた、日本の近代フランス料理の父となったのです。

 

ホテルニューグランドの発祥メニュー「ドリア」とは

なめらかで美味!ホテルニューグランドのシュリンプドリア
なめらかで美味!ホテルニューグランドのシュリンプドリア(筆者撮影)

ドリアが誕生するきっかけとなったのは、当時、同ホテルに滞在していた外国人銀行家のお客さまから「体調が良くないので、何かのどごしの良いものを」とリクエストされたこと。
 

ワイル氏は、バターライスの上に、コクのある海老のクリーム煮となめらかな舌触りのグラタンソースをかけ、チーズをふりかけて焼き上げた、即興で作った料理を提供しました。
 

この料理は「Shrimp Doria(シュリンプドリア)」として、同ホテルの名物料理となり、日本人に受け入れられて広まったということです。
 

このお客さまへの想いが込められたドリアは、本館1階 コーヒーハウス「ザ・カフェ」で現在も食べることができます。
 

・ホテルニューグランド https://www.hotel-newgrand.co.jp/


【おすすめ記事】
横浜・ホテルニューグランド本館がリニューアル
横浜の洋食屋さんおすすめ8選!デートにも使える老舗&人気店
レトルトなのに本格的!横浜「ホテルニューグランド」が誇る「ナポリタンソース」


 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは