コロナ禍において「ストレスを感じる」人は9割!具体的なストレス2位は「マスクの着用」、1位は?

長引く自粛生活の中で、大きなストレスを感じている方も多いのではないでしょうか? STOKEでは、今回「コロナ禍におけるストレス・ライフスタイルの変化」に関するアンケートを実施。ストレス解消法と合わせて、アンケート結果を発表します。

なかなか収まる兆しのない、新型コロナウイルスによる自粛生活。友人と思うように会えない、帰省ができない、周りの目が気になる……。そういった思いから、大きなストレスを感じている方も多いのではないでしょうか? 転職の情報メディア「CareerStock」を運営するSTOKEでは、今回「コロナ禍におけるストレス・ライフスタイルの変化」に関するアンケートを実施。ストレス解消法と合わせて、アンケート結果を発表します。

アンケート調査は、20~60代の男女100名を対象に、2021年6月2~16日の期間でインターネットにより行われました。
 

コロナ禍でストレスを感じること1位は「外出できないこと」

コロナ禍でストレスを感じることランキングTOP2
「コロナ禍における生活の変化でストレスを感じますか?」という問いに対して、「やや感じる」と回答した人が57%、「大いに感じる」と回答した人が29%と、計86%の人が「ストレスを感じている」と回答しました。

感じると答えた人に対し、どのようなストレスを感じているか聞いたところ、最も多かった回答が「外出できないこと」でした。やはり長引く自粛生活の中で、自由に出歩けないもどかしさを感じている人が増えていると考えられます。続く2位は「マスクの着用」。これから到来する夏の暑さを思うと、マスクを着けるストレスはより高まるかもしれませんね。
 

自粛生活は運動や睡眠にも影響を与えている

コロナ禍における睡眠への影響
コロナ禍における睡眠への影響
ライフスタイルの変化として、運動の頻度について聞いたところ、「大幅に減少した」(34%)「やや減少した」(22%)と答えた人が全体の6割に。一方で「むしろ増えた」という回答が25%を占め、自粛によって空いた時間を使い、運動をしている人が4分の1ほどいることもわかりました。

また、睡眠の変化については、コロナ禍になってから「眠りが浅くなった」という人は50%にのぼり、「あまり変わらない」(45%)を上回りました。

コロナ禍によるライフスタイルの変化は、ストレス・運動・睡眠のすべての側面に影響を与えていることが、今回のアンケートによって明かされました。体も心も健康を維持できるよう、ストレスを溜めずに生活していくことが重要ですね。

【おすすめ記事】
「ストレスが少ない都道府県」ランキング、男性1位は「青森県」! 2連覇達成の女性1位は?
嫌な上司の「リモハラ」TOP10! テレワークでストレスが減った人は2割に満たず……
コロナ禍で最もストレスを感じているのは30~40代女性?
約500人に聞いた「ストレスの少ない仕事ランキング」! 2位は「事務職」、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『名探偵コナン 黒鉄の魚影』が、物語の「制約」を灰原哀の「居場所」へ昇華させた傑作である5つの理由