Biz Hitsは全国の働く男女532人を対象に「どんな仕事にストレスを感じるのか」「ストレスの少ない仕事」などについてのアンケート調査を実施し、その結果を4月21日に発表しました。同調査の回答者は、女性339人、男性184人、未回答9人という内訳です。
 

どんな仕事にストレスを感じる? 1位は「ノルマがある/成果を求められる」仕事

2位は「顧客対応/接客」、3位は「社内の人間関係が悪い」という結果に

ストレスを感じやすい仕事上の条件として1番多く挙がったのは「ノルマがある/成果を求められる」(136人)でした。この理由には「プレッシャーが大きい」「結果が出ないと上司に嫌味を言われる」「同僚はライバルなので社内がギスギスする」などが挙げられました。いくつかの要因が複合的に絡み合っていることで、より多くのストレスを感じやすくなっているのかもしれません。

2位は「顧客対応/接客」(118人)。接客業や営業、コールセンターなどはもちろん、事務職でも来客対応や電話対応にストレスを感じるという意見が目立ちました。また3位は「社内の人間関係が悪い」(84人)で、業種以外の項目がランクイン。どんな仕事においても“人間関係”は働きやすさを決める重要な要素といえますね。
 

ストレスの少ない仕事ランキング! 「倉庫・工場での作業」が1位に

1位の「倉庫・工場での作業」はノルマや顧客対応など、ストレスになり得る要因が少ない仕事?

「あなたが経験したなかでストレスの少なかった仕事は?」というアンケートで、最も多かった回答は「倉庫・工場での作業」(96人)。この理由として「1人で黙々と作業する仕事なので、精神的なストレスが全くなかった(40代 女性 ピッキング)」や「仕事中は機械や作業に集中していておしゃべりはできないので、人とうまくいかない人にはいいと思う(30代 男性 食品工場)」などの意見も。

2位には「事務職」(62人)がランクイン。この理由には1位と共通した点が多く、マイペースに黙々と作業できることや、コミュニケーションを必要としないことなどが挙げられました。3位の「販売職」(33人)のように、人と話すのが好きな人にとってはストレスを感じにくい仕事でも、人と関わらず1人でじっくり作業したいタイプにとってはストレスを感じやすい仕事になる可能性もあります。自分がどんなところにストレスを感じるのかを今一度確認して、適正を見定めておく必要がありそうですね。

【おすすめ記事】
「職場のストレス」TOP10! 2位「給料が見合わない」、1位は?
新入社員の「理想の上司像」は、「仕事ができる」よりも……?
500人に聞いた「職場のストレス」TOP10! 2位「給料が見合わない」、1位は?
『週休3日制』は「給与が維持されるなら利用したい」の回答が69.4%
転職の面接でされた質問ランキング! 2位は「志望動機」、1位は?
 

【関連リンク】
Biz Hits