イケアが、アメリカのサウンドシステムブランド「Sonos(ソノス)」と共同開発した「SYMFONISK/シンフォニスク アートフレーム Wi-Fiスピーカー付き」を発売すると発表して話題になっています。
 

部屋にとけこむ「イケア×Sonos」シリーズの新作が登場


「SYMFONISK/シンフォニスク アートフレーム Wi-Fiスピーカー付き」は、高品質のサウンドと美しいデザインを兼ね備えたアートフレーム型のWi-Fiスピーカー。
 

「SYMFONISK/シンフォニスク アートフレーム Wi-Fiスピーカー付き」(日本では2022年から販売。価格など詳細は発売時に公表予定)


単体ではもちろん、現在発売中のテーブルランプ型やブックシェルフ型など、他の「SYMFONISK/シンフォニスク」シリーズの製品とも接続が可能。
 

現在発売中の「SYMFONISK/シンフォニスク」シリーズ


絵画のように壁に掛けることができるので、今まで以上に省スペース化を実現。部屋のインテリアになじみやすいデザインになっています。

 

フロント部分は交換可能! アートとしても楽しめるスピーカー


本体カラーはブラックとホワイトの2色で、フロント部分は好きなデザインのアートパネルに交換可能。
 

本体カラーはブラックとホワイトの2色。フロント部分は交換可能(画像は公式サイトより)


人目を引くアートとして単体で壁に掛けたり、他のアート作品と並べて飾ったり。部屋にあったスタイルで自由に楽しむことができます。
 

単体で飾ったり、他のアート作品と並べたりと自由に楽しめる(画像は公式サイトより)


ヨーロッパと北米では7月から、日本では2022年から販売予定。少し先ですが、今後のインテリアコーディネートの参考にしてみてはいかがでしょうか。
 


【おすすめ記事】
イケアとレゴがコラボ! 大人も夢中になる最高の収納ボックスとは
「IKEA新宿」に量り売りデリ「スウェーデン バイツ」がオープン! 北欧グルメのテイクアウト専門店
セリアのミニチュアゴミ箱がペン立てに!? 100均アイテムのお洒落な活用法が話題に
サクラクレパス創業100周年! レトロかわいい記念雑貨を限定パッケージで発売


【関連リンク】
プレスリリース