イケアとSonosがコラボ! アートとして飾れるWi-Fiスピーカー誕生

イケアが、Sonosと共同開発した「SYMFONISK/シンフォニスク アートフレーム Wi-Fiスピーカー付き」を発売すると発表して話題に。日本では2022年から販売予定。今後のインテリアコーディネートの参考にしてみてはいかがでしょうか。

部屋にとけこむ「イケア×Sonos」シリーズの新作が登場
 

「SYMFONISK/シンフォニスク アートフレーム Wi-Fiスピーカー付き」(日本では2022年から販売。価格など詳細は発売時に公表予定)

 

現在発売中の「SYMFONISK/シンフォニスク」シリーズ

 

フロント部分は交換可能! アートとしても楽しめるスピーカー

本体カラーはブラックとホワイトの2色。フロント部分は交換可能(画像は公式サイトより)

 

単体で飾ったり、他のアート作品と並べたりと自由に楽しめる(画像は公式サイトより)


>記事に戻る

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も