3COINSの「浅漬け鉢」は、漬物を作るだけではない! 器と重石を別々に使っちゃえ!

3COINSで販売されている浅漬け鉢は、その名の通り野菜の浅漬けが作れる便利アイテムです。筆者もきゅうりの浅漬けなどを作ることが多いので、これは便利そうだと思い購入してみました。でも実際に使ってみると、浅漬けを作ること以外でもいろいろ使えることがわかりました!

3COINSの浅漬け鉢(筆者撮影)

3COINSで販売されている「浅漬け鉢」は、その名の通り野菜の浅漬けが作れる便利アイテムです。筆者もきゅうりの浅漬けなどを作ることが多いので、これは便利そうだと思い購入してみました。でも実際に使ってみると、浅漬けを作ること以外でもいろいろ使えることがわかりました!
 

まずは基本の浅漬け

きゅうり、塩、生姜で浅漬けを作る(筆者撮影)

もともとは浅漬けを作るための容器なので、きゅうりを使って浅漬けを作ってみます。スライスしたきゅうりに塩をまぶし、スライスした生姜を入れました。
重石を乗せる(筆者撮影)

あとは、重石になるフタを乗せておくだけ。
 
浅漬け完成(筆者撮影)


きゅうりの厚さにもよりますが、数時間でしんなりしてきます。もちろん水分も出てくるので、しっかりと浅漬けができていることがわかります。

 

豆腐の水切りもできる

豆腐の水切りをする(筆者撮影)

フタなっている重石を他の用途にも使えないかと考えたとき、思いついたのがこれ。豆腐の水切りです。冷奴もそうですが、水分が多いと醤油をかけたときに薄くなってしまうんですよね。それに豆腐料理を作るときには水分を抜くことが多いので、その時に使えそうだと思ったのです。
 
豆腐に重石を乗せる(筆者撮影)

実際に、器に豆腐を入れて重石を乗せてみました。5分程度で、すでに水分が出ていることがわかります。
 
水が出ている(筆者撮影)


さらに時間が経過すると水分がどんどん抜けてくるので、豆腐がギュッと詰まったようになり少し硬くなりました。

 

器は大きめのお皿として使える

器としても大活躍(筆者撮影)


器の部分が650mlあるので、大きめのお皿として使うことができます。写真は、ピクルスを盛り付けたものです。器に模様が入っていないため、どんな料理にでも合います。またガラスでできているために、におい移りがあまり気になりません。

 

重石は、食材を潰すときに使える

きゅうりを叩く(筆者撮影)

重石部分ですが、食材を潰すときにも使えました。例えば、きゅうりを一度叩いてから漬物にすることもあります。その時に、重石が使えるのです。ちょうど持つ部分があるので、それを持ってきゅうりを叩いていきます。
 
潰した生姜(筆者撮影)


また、生姜を潰すこともできました。他にも、ニンニクを潰す時にも使えそうです。
 

さらに家族からは「重石の部分は、文鎮としても使えるのではないか?」といった意見がありました。例えば勉強するときに教科書を開くのですが、自然に閉じてしまうこともあります。それを防ぐためにこれを乗せておくのです。
 

3COINSの浅漬け鉢は、シンプルなデザインで見た目もとてもおしゃれです。筆者が買った浅漬け鉢はMサイズで880円(税込)。浅漬けを作るだけではなく、いろいろな調理にも使えるので、コスパを考えるとお得かもしれませんね。


「浅漬け鉢」概要
サイズ:直径12.8×高さ9.5cm
落し蓋:10×2cm
容量 :650ml
価格 :880円(税込)
食器洗浄機不可、食器乾燥機不可、レンジ不可、オーブン不可


【おすすめ記事】
3COINSの優秀「ワイヤレス充電器」 1100円とは思えないクオリティに感動!
横にして使う「3COINS」の引っ掛けラック。実は縦に引っ掛けてもすごく便利だった!
クローゼットでかさばるスカート問題、3COINSの優秀ハンガーで解決!
キャンプ用品と思って買ったダイソーの「多機能フッククリップ」。実は車の中で大活躍!
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは