日清食品は、プラスチック原料の使用量削減のためカップヌードルの 「フタ止めシール」を廃止。シールがなくても止められる新形状の「Wタブ」に順次切り替えていくと発表しました。

 

50年目の大刷新!「フタ止めシール」廃止で年間33トンのプラ削減へ


今回の変更は、環境問題などさまざまな課題に取り組む「カップヌードル DO IT NOW!」プロジェクトによるもの。プラスチック製のフタ止めシールを廃止することにより、プラスチック原料の使用量を年間で33トン削減します。
 

「フタ止めシール」を廃止へ(画像は公式YouTubeより)


代わりに、発売50年目にして初めてフタの形を変更。新形状の「Wタブ」は、開け口を2つにすることでシールがなくてもしっかり止められるようになりました。
 

開け口が2つの「Wタブ」に(画像は公式YouTubeより)


ミニサイズなど一部を除いて、今後発売する商品にも「Wタブ」が採用されます。

 

 「カップニャードル」の再来? 裏側には猫のイラストも


実はこの開け口が2つのカップヌードル、1年前にも公式Twitterが「猫の日ネタ」で投稿して話題になりました。
 

猫の日に投稿された「カップニャードル」(画像は公式Twitterよりキャプチャ)


今回の変更では、当時のイメージ画像にあった猫のイラストも忠実に再現。日清の遊び心を感じる仕上がりになっています。
 

フタの裏側にはかわいい猫のイラストも(画像は公式YouTubeより)


50年目の大刷新となったカップヌードル。店頭で見かけた際は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。



【おすすめ記事】
好きな猫のキャラクターは? 5000人に聞いて分かった圧倒的1位
猫の名前ランキング2021! 3連覇中だった「レオ」は2位、1位を獲得したのは?
泊まりに行けるアイドル! 全国の宿「自慢の看板猫」ランキング
猫型ドローンってニャンなの? ドコモが目指す「愛される未来」


【関連リンク】
プレスリリース