NTTドコモから、2月22日の猫の日に猫型ドローン「にゃろーん」が発表されました。
 

猫型ドローン「にゃろーん」


公開された特設サイトによると「猫を愛し、猫に愛されるために生まれた猫型ドローン」だそうです。
 

ふわふわの尻尾​​​​​​もついてます


そんなこと言われても、ただの風船にしか見えないけど……。ドコモさん、これってニャンなの?

 

プロペラがないから安全・安心。まさに猫のためのドローン?


「にゃろーん」は風船型なので、一般的なドローンに搭載されているプロペラがないため安全。猫のそばまで近づくことも、一緒に遊ぶことも可能です。
 

プロペラがないので安全


猫心をくすぐるフォルムですが、割れにくい素材を使っているので、多少の猫パンチには動じません!

さらに、プロペラ音もしないため、音に敏感な猫たちも安心してくつろぐことができます。まさに猫のためのドローン?
 

猫もくつろげる静音性


……ここまで聞いて、どう感じましたか?

「なるほど。猫の日の話題作りね。一昔前のエイプリルフールネタみたいなやつでしょ?」

そんな風に、このニュースを笑って見過ごそうとしていませんか? だとしたらドコモの狙い通りかも。

実はこの「にゃろーん」、ドコモが仕掛ける一大プロジェクトの密かな第一歩なんです!

 

ドローンのイメージを変える? ドコモが目指す「愛される未来」


そもそも「にゃろーん」は、2019年にドコモが開発した超音波振動を使って空中を移動する「羽根のないドローン」の技術を活用したもの。
 

「羽根のないドローン」(公式ホームページより)


これまでのドローンでは難しかった「人と同じ空間に居られる」という特徴を持っています。

ドコモは近い将来、人の集まる場所での「空中監視」や、自在に移動しながら宣伝する「空飛ぶ広告」としての活用を目指すと発表しています。

しかし、従来型のドローンよりも静かで安全とはいえ、やはり空中監視や空飛ぶ広告は、それだけ聞くとあまり心地のいいものではないですよね。

荒廃した未来を描いたSF映画のようなイメージを持ってしまう人も少なくないでしょう。
 

猫耳がなかったら、ちょっと怖いかも


そんな悪いイメージのままでは、実際のプライバシーや景観の問題がクリアできたとしても、普及させるのは難しい。それこそ猫のように、生活に溶け込みながら愛される存在にならなくてはいけない。

そんな風に考えて、ドコモは猫耳と尻尾をドローンに付けたのではないでしょうか。
 

猫のように、愛されるドローンになれる?


文字通り "猫をかぶって" 生まれ変わった猫型ドローンの「にゃろーん」は、案の定SNSでも好意的に受け止められています。猫の愛され力、恐るべし……!

ドコモが目指す「愛される未来」は、もうそこまで来ているのかもしれません。