「プライベート?」永野芽郁、オフ感あふれるキャンプショットに反響! 変顔も披露で「需要高すぎ」

俳優の永野芽郁さんが、7月4日に自身のInstagramを更新。キャンプを満喫するプライベート感あふれる様子を公開し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:永野芽郁さん公式Instagramより)

俳優の永野芽郁さんは7月4日、自身のInstagramを更新。キャンプを満喫する様子を公開し、反響を呼んでいます。

【実際の投稿:永野芽郁、キャンプを楽しむプライベート風ショット】

「芽郁ちゃんが楽しそうでなによりです」

永野さんは「オアシス」とつづり、5枚の写真を投稿。木々に囲まれた自然あふれる場所でキャンプを楽しむ様子を公開しました。椅子に座って飲み物を飲んだり、目玉焼きを焼く様子など、自然体な表情を見せた永野さん。5枚目の写真では、たき火台の前に座って白目を見せるような変顔ショットも見せるなど、プライベート感あふれる投稿です。

ファンからは「芽郁ちゃんが楽しそうでなによりです」「プライベート?? 最後の写真が最高にすき」「まさかの変顔W」「芽郁ちゃんかわいすぎるよぉ」「めいちゃんの変顔需要高すぎ」など、称賛の声が多く寄せられています。

撮影中のオフショットも公開

永野さんはInstagramでオフショットを多数公開。6月14日の投稿では、5月31日に公開した映画『からかい上手の高木さん』で訪れた香川県小豆島でのオフショットを載せていました。次はどんな写真を載せてくれるのか、楽しみですね。
   
マイ・ブロークン・マリコ
マイ・ブロークン・マリコ
次ページ
永野芽郁さんのほかの投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も