「STARTO社所属30代タレント」検索数ランキング! 1位は「山田涼介」、では2位は?【2024年5月版】

All About ニュース編集部は2024年5月のGoogle検索ボリュームの調査を実施。「STARTO社所属の30代タレント検索数」ランキングの結果は?(サムネイル画像出典:山田涼介さん公式Instagramより)

All About ニュース編集部は5月1~31日の期間、Googleの検索ボリュームを調査するツールを複合的に用いて検索数の調査を実施しました。今回はその中から「STARTO ENTERTAINMENT(以下、STARTO社)所属の30代タレント検索数」ランキングを紹介します!
 
>14位までの全ランキング結果

同率2位:亀梨和也(KAT-TUN)

2位にランクインしたのは、KAT-TUNの亀梨和也さんです。歌手や俳優、キャスターなどマルチに活躍しています。
 
6月4日に最終回を迎えたサスペンスラブストーリードラマ『Destiny』(テレビ朝日系)への出演や、6月9日スタートのドラマ『ゲームの名は誘拐』(WOWOW)で主演を務めるなど、ドラマや映画に引っ張りだこ。今冬には、主演ドラマ『外道の歌』の配信も控えています。

同率2位:佐久間大介(Snow Man)

同じく2位にランクインしたのは、Snow Manの佐久間大介さん。生粋のアニメオタクとして知られており、アイドルだけでなく声優、俳優としても活躍しています。

2月23日に公開された映画『マッチング』では狂気のストーカー役を怪演し、話題となりました。

1位:山田涼介(Hey! Say! JUMP)

1位にランクインしたのは、Hey! Say! JUMPの山田涼介さんです。6月29日に放送されたフジテレビ系人気特番『BABA抜き最弱王決定戦2024夏』で、ババ抜き最弱王という不名誉な称号を獲得したことでも話題になりました。
 
7月5日スタートの夏ドラマ『ビリオン×スクール』(フジテレビ系)では、約10年ぶりに学園ドラマに出演。初の教師役に挑み、主演を務めます。
 
この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間120本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
次ページ
14位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も