「興味本位とか…」田口淳之介、宮迫博之に“大麻事件の真相”を激白「二度はあんな思いをしたくない」

タレントの宮迫博之さんは6月27日、自身のYouTubeを更新。KAT-TUNの元メンバー・田口淳之介さんとの対談動画を公開しました。(サムネイル画像出典:「宮迫ですッ!【宮迫博之】」)

タレントの宮迫博之さんは6月27日、自身のYouTubeを更新。KAT-TUNの元メンバー・田口淳之介さんとの対談動画を公開し「これはすごいコラボだ」などの声が寄せられています。

【実際の投稿:宮迫博之、田口淳之介と“大麻事件の真相”についてトーク】

「宮迫チャンネルでしかできない」

宮迫さんは『【大麻事件の真相】芸能界に未練はない?元KAT-TUN田口くんの現在について』と題した動画を公開。「約10年ぶりの再会」という2人が、本音でさまざまなテーマについて話す内容となっています。動画内では、宮迫さんが過去に大麻取締法違反で逮捕された田口さんへ、事件のことについて尋ねるシーンも。

「何をきっかけとかどういうタイミングで手を出してしまうわけ?」と切り出した宮迫さん。それに対して田口さんは「興味本位とかっていう部分があるんじゃないですか」と答えました。続けて「一般的なイメージで考えると売人が『どう?』みたいな感じ(だが)、そんなのないですからね」と、大麻の入手方法についての実情も明かしています。また、宮迫さんは「例えばすごいストレスがあってとか、ストレス解消になるよとかいう入り?」と、別の角度からも質問。それに対して田口さんは「全然違います」ときっぱりと否定した上で「普通です。タバコ吸うのと一緒みたいな感覚」と答えています。初めてたばこを吸う時に興味本位で吸うように、大麻に手を出したという意味でしょう。

さらに「もうちょっと深く聞いていい? どうなるの? 吸うと」と質問する宮迫さん。それについては「啓発してるみたいになっちゃいそうだからな…」「日本ではルールがある以上やっちゃいけないですよって言ってるんで」と、田口さんも直接的な表現は避けざるをえない様子です。田口さんは続けて「どうなるかって言ったら良いことしか言えないんですよ。それは絶対ダメなんですよ」と、その理由も説明しています。

そして、田口さんは事件についても言及。「何を俺が今伝えられるかと言ったら、何はともあれ人に迷惑をかけてはいけない」「自分にもスタッフがいたし、自分のライブツアーだったりとか、それを待ってくださっていたファンの方もいたし、やはりそういう人たちに多大な迷惑をかけてしまったっていうのが自分の反省した点で」と、事件後に反省した点について語っています。また「今そこから復帰して、すでに自分の下にも色んなスタッフさんも含め、関係者の皆さんもたくさん付いてるので、二度はあんな思いをしたくないな」「人の気持ちを台無しにしちゃいけないよというのが自分の中での教訓です」と語りました。過去への後悔と、現在の感謝への気持ちが伝わってきます。

視聴者からは「コラボびっくりですがめちゃくちゃ嬉しいです」「これはすごいコラボだ」「宮迫チャンネルでしかできない」「これはまたギリギリなゲストですね〜」「田口くんのトークの上手さが凄い!」など、さまざまなコメントが寄せられました。

田代まさしさんとのコラボ動画も

宮迫さんのYouTubeチャンネルで人気のさまざまなゲストを呼んでのコラボレーション企画。ほかにも、覚せい剤取締法違反などで逮捕歴のあるタレント・田代まさしさんや、お笑いコンビ・TKOなど、過去に“不祥事”で世間をにぎわせた人が出演している回もあります。気になった人は、過去の動画もチェックしてみては。
 
 
セカンドプロポーズ
セカンドプロポーズ
次ページ
宮迫博之さんが過去に公開したコラボ動画も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も