野沢直子、「ばばあのくせに」自虐ネタ披露も再婚予定相手とのラブラブぶりに「こんな還暦になりたい」

タレントの野沢直子さんは6月28日、自身のInstagramを更新。自虐ネタに注目が集まっています。(サムネイル画像出典:野沢直子さん公式Instagramより)

タレントの野沢直子さんは6月28日、自身のInstagramを更新。自虐ネタを披露するも、ファンからは温かい声が上がっています。

【実際の投稿:野沢直子、「ばばあのくせに」……?】

「まだまだ現役です」

野沢さんは「ばばあのくせにガールキャップ」とつづり、自身の写真を1枚載せています。「GIRL」と白字で書かれた黒いキャップをかぶった姿です。とてもよく似合っていますが、野沢さんは61歳なので「ばばのくせに」とは自虐ネタでしょう。

これには野沢さんの再婚予定相手のトラさんが「GIRLじゃなくてGRILLEじゃねーのか?」とコメントを寄せ、ラブラブ“夫婦”ぶりを見せつけ、ほかにも「可愛い いつまでもgirl」「こんな還暦になりたい」「最高 永遠にガールでーす」「違和感なさすぎ」「まだまだ現役です」と称賛の声が上がりました。

再婚予定相手の顔出しショット

5月30日の投稿ではトラさんも含めたスリーショットを公開していた野沢さん。2人とも仲良しであることが伝わってきます。これからも“GIRL”な心でいてほしいですね!
   
老いてきたけど、まぁ~いっか。
老いてきたけど、まぁ~いっか。
次ページ
野沢さんの普段の投稿も見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない