「もう19年になるけど」性転換手術をしたYouTuber、手術の後遺症を赤裸々に告白「勇気のいる事」

YouTuberのあんどうさんは6月27日、自身のYouTubeを更新。性転換手術後の後遺症を赤裸々に明かした動画を投稿し、話題を呼んでいます。(サムネイル画像出典:「あんどう」)

YouTuberのあんどうさんは6月27日、自身のYouTubeを更新。性転換手術後の後遺症を赤裸々に明かした動画を投稿しました。

【実際の投稿:元男子のあんどう、性転換手術後の後遺症を赤裸々に明かす】

「良くなったようで安心しました。お大事になさってください!」

あんどうさんは『性転換手術後の凹が化膿して病院に行きました』と、題して動画を投稿。「性転換手術をしてもう19年になるけど、今でも後遺症がある」ことを告白しました。19年前に、手術した患部の皮膚が薄いことを説明。それが原因となり、ここ1年で痛みが増して病院へ出向いたようです。

1年で治ると言われていたのに、19年も後遺症が完治していないことを、赤裸々に笑いを混ぜて語ったあんどうさん。気になった人はぜひ、チェックしてみてください!

この投稿にファンからは、「不安と緊張がじゅうぶん伝わりましたお大事にです」「優しい先生で良かったですね」「勇気のいる事でしたでしょうが行って良かったですね」「良くなったようで安心しました。お大事になさってください!」「もう全部に爆笑ポイントが」「ネーミングセンス大好きです」との声が寄せられました。

『声の女性化手術の驚くべき内容、金額などすべてお話しします』

2021年11月9日の動画では『声の女性化手術の驚くべき内容、金額などすべてお話しします』と題して、性転換手術と一緒に受けた、喉仏の手術について語りました。

費用は「5万円」ほど発生したことや、全身麻酔ではなく部分麻酔での手術だったため「術中の音などが聞こえてすごい怖い思いをした」経験を明かしています。

この動画を見た視聴者からは「自分の知らない事も色々知る機会をいただいてます。ありがとう」「今回の動画参考になりました。あんどーさんありがとう」など、反響の声が続出しました。
 
次ページ
あんどうさんの動画をもっと見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も