【レモンサワー5種飲み比べ】本物のレモンが浮かぶ話題の新作、人気のレモンサワー3種と飲み比べてみた

今話題の「未来のレモンサワー」。ふたを開けるとレモンスライスが浮き上がるのが特徴のレモンサワーです。今回は、「未来のレモンサワー」2種と人気レモンサワー3種を飲み比べ! 5つの観点から評価を行い、各商品を正直レビューしてみました。

6月11日にアサヒビールより発売された「未来のレモンサワー」(全2種)。フルオープンかつレモンスライスが入った缶チューハイとしては、世界初の商品です。ふたを開栓するとレモンスライスが浮き上がってくる様子が話題を呼んでいます。

そこで、All About ニュース編集部は「未来のレモンサワー」を含むレモンサワー5種類の飲み比べを実施。飲み比べた商品は、アサヒビールの「未来のレモンサワー」から、「オリジナルレモンサワー」と「プレーンレモンサワー」。さらに、コカ・コーラの「檸檬堂」、サントリーの「こだわり酒場のレモンサワー」、キリンの「氷結」の人気レモンサワー3種類も合わせて、5種類のレモンサワーを飲み比べてみました。
レモンサワー5種類を飲み比べ!
レモンサワー5種類を飲み比べ!
飲み比べの際は、「爽快感」「レモン感」「酸味」「甘さ」「飲みやすさ」の5つの観点からレモンサワーを評価。各項目を1から5の5段階で評価を行いました。今回評価に参加したのは、男性3人、女性4人の計7人。お酒に強い人から普段あまりお酒を飲まない人まで、幅広いメンバーを集めて評価を行いました。

各商品の評価や飲んだ感想をご紹介していきます。

檸檬堂(コカ・コーラ)

檸檬堂(コカ・コーラ)
檸檬堂(コカ・コーラ)
まずは、コカ・コーラから発売されている檸檬堂です。今回購入したのは、「檸檬堂 定番」。公式Webサイトでは、「レモンをたっぷり使った爽やかなレモンサワー」と紹介されています。

メンバーからは、「飲みやすい」「クセがない」「初心者向け」などといった声が集まりました。評価の各項目のうち、「飲みやすさ」の項目で1位を獲得した檸檬堂。「飲みやすさ」では、5人のメンバーが最高評価の5を付けました。
檸檬堂の5段階評価
檸檬堂の5段階評価(編集部7人の平均値)

こだわり酒場のレモンサワー(サントリー)

こだわり酒場のレモンサワー(サントリー)
こだわり酒場のレモンサワー(サントリー)
次にご紹介するのは、サントリーの「こだわり酒場のレモンサワー」です。レモンをまるごと漬け込んでおり、複数の原料酒を独自の黄金比率でブレンドしているとのこと。「追い足しレモン」や「キリッと辛口」など、さまざまな種類がある同商品ですが、今回購入したのは定番の「こだわり酒場のレモンサワー」です。

集まったコメントとしては、「爽快感ってこれかも」「ご飯に合いそう」「焼肉などの脂っこいものに合いそう」などがあり、食事との相性がよさそうだと感じたメンバーが多いようです。また、「酸味」の項目で1位を獲得。「爽快感」の項目でも高評価でした。
こだわり酒場のレモンサワーの5段階評価
こだわり酒場のレモンサワーの5段階評価(編集部7人の平均値)

氷結(キリン)

氷結(キリン)
氷結(キリン)
次は、キリンの「氷結」です。氷結シリーズはフレーバーの豊富さが特徴で、本記事執筆現在ではグレープフルーツやゆずなど、8種類のフレーバーがありました。また、無糖シリーズやストロングシリーズなど、シリーズが複数あるのもポイント。今回購入したのは、「氷結 シチリア産レモン」です。同商品は、シチリア島で収穫されたレモンを主に使用しており、みずみずしくスッキリ爽快なおいしさを楽しむことができます。

メンバーからは、「炭酸が強い」「これも初心者向けかも」といった声が。「爽快感」の項目では、なんとメンバー全員が最高評価の5を付け、「爽快感」では1位の評価です。飲みやすいと感じたメンバーも多かったようです。
氷結の5段階評価
氷結の5段階評価(編集部7人の平均値)
次ページ
「未来のレモンサワー」の評価を見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない