「世界で1番いやらしい」新谷姫加、パンツが際どすぎるランジェリー姿! 「スケベすぎて気が狂いそう」

タレントの新谷姫加さんは6月20日、自身のInstagramを更新。雑誌『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に登場していると告知し、ランジェリーショットを披露しました。(サムネイル画像出典:新谷姫加さん公式Instagramより)

タレントの新谷姫加さんは6月20日、自身のInstagramを更新。雑誌『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に登場していると告知し、公開した写真が反響を呼んでいます。

【実際の投稿:新谷姫加、セクシーな黒ランジェリーショットを披露】

「ガチ腰回り神」

新谷さんは「久しぶりの掲載本当に嬉しいです 今回のテーマは猫みたいな彼女なので、みんなの''好き''が詰まってます」とつづり、2枚の写真を披露しました。1枚目では黒いパンツとキャミソール、2枚目では淡い色合いの水着風衣装に身を包んでいます。どちらの衣装もパンツの布面積が小さめで、腰や脚の付け根あたりがあらわになっており、かなり際どくセクシーな印象を感じ取れます。

コメント欄では、「姫カワイイ」「ガチ腰回り神」「スケベすぎて気が狂いそう」「世界で1番いやらしい三角形」「安産型」との声が寄せられています。

20日発売の同誌ではセンターグラビアに登場しているそうなので、気になった人はチェックしてみてくださいね!

『ヤングアニマル』にも登場

また、新谷さんは雑誌『ヤングアニマル』(白泉社)にも登場していました。

8日の投稿では、「私が表紙のヤングアニマル、もうすぐ期間が終わってしまいますので、是非見かけたらお迎えしてください」とつづり、ランジェリー姿で写った1枚の写真を公開。はかなげな表情で色気があふれたショットです。気になった人はそちらも見てみてくださいね!
   
【デジタル限定 YJ PHOTO BOOK】新谷姫加写真集「猫っぽい彼女を抱きしめたい」
【デジタル限定 YJ PHOTO BOOK】新谷姫加写真集「猫っぽい彼女を抱きしめたい」
次ページ
新谷さんのほかの投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない