20歳誕生日迎えた鈴木福、幼少期&現在の比較ショット公開で「立派な大人になった」「もう20歳か」の声

俳優の鈴木福さんが、6月17日に自身の公式Xを更新。同日に20歳の誕生日を迎えたことを報告し、幼少期と現在の写真を公開しました。(サムネイル画像出典:鈴木福さん公式Xより)

俳優の鈴木福さんは6月17日、自身のX(旧Twitter)を更新。同日に20歳の誕生日を迎えたことを報告しました。

【実際の投稿:鈴木福、幼少期と現在の比較ショット】

「福くんが20歳とは!」

鈴木さんは「#鈴木福20歳 鈴木福、20歳になりました!!」とつづり、2枚の写真を投稿しています。1枚目では、タオルに包まった幼少期の写真を公開。2枚目では同日発売のフォトエッセイ『笑う門には福来る』(主婦と生活社)を持った現在の写真を載せています。同じ角度から鈴木さんの横顔を捉えた比較ショットで、鈴木さんの成長ぶりがうかがえる投稿です。

ファンからは「福くんが20歳とは! おめでとうございます」「福くんのお子さんかと思っちゃいました」「立派な大人になった」「もう20歳か」「月日が流れるのは早い!」など、さまざまなコメントが寄せられました。

亀梨和也さんとの対談も収録

幼少期から子役として活躍し、2011年放送のドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)の好演が話題になった鈴木さん。20歳の誕生日に発売されたフォトエッセイ『笑う門には福来る』では、鈴木さんの生い立ちや子役としての葛藤などをつづったほか、メディア初登場となる両親や俳優の亀梨和也さんとの対談も収録されているとのことです。気になった人はぜひチェックしてみてください。
 
 
鈴木福 フォトエッセイ 笑う門には福来る: 20年間の笑顔と感謝
鈴木福 フォトエッセイ 笑う門には福来る: 20年間の笑顔と感謝
 
次ページ
鈴木福さんのほかの投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も